P8309073
群雄【動】No.013 グランカイザー の紹介です。
発売日2008年12月 価格3,240円


目覚めよ!超重神!今こそ、邪悪を砕く牙となれ!

P8309078
グランカイザー


P8309077
後ろ姿。


P8319102
株式会社やまと より2008年頃から展開されていたアクションフィギュアブランド「群雄【動】」!!
低価格かつコレクション性を重視したシリーズで他社とは違ったやまと独自の商品ラインナップが魅力となっております。


P8309079
バストアップ。
CADを活かした高精度な設計によりシャープでメリハリのある造形。


P8319092
当時のアクションフィギュアはPVC素材をメインとしたものが多かったんですが、群雄【動】シリーズは内部フレームから外装パーツまで基本的にプラスチックがメインです。


P8319094
頭部
首付け根のボールジョイントで可動。
全高13cm程度のフィギュアなので頭部は非常に小さいんですが、表情がはっきりとしておりそれなりに良く出来ていると思います。



P8319096
ボディ。
他社だとリボルテックやロボット魂(初期)の時代ですし、2008年当時のフィギュアとしてはまあ塗装面でもきっちりとしているかな・・・


P8319093
背面
小さなバックパック部分はすべてパーツでの色分けになるのでこれもなかなか細かい。


P8319097
下半身。
内部フレームがシリーズ共通なので若干フレームと関節の処理が雑・・・膝とアーマー部の間に不自然な隙間ができてしまいます。



P8319098
肘は2重関節で90°以上曲げることが可能。
肩はボールジョイント接続で、肩アーマーとの干渉も少ないので腕もよく上がります。


P8319100
グランカイザーは比較的シンプルな外見なのでインナーフレームの可動範囲を活かせてる気がします。
見た目がゴツいスーパーロボット系のほうが厳しいですよね。


P8319099
膝は90°ほど可動。
やっぱり膝を曲げるとフレームが大幅に露出してしまうので、ちょっと劇中のイメージとは違います。



P8309086
インナーフレームを共通することで製造コストを抑えて商品の開発スピードを上げるという効果はあったと思うんですが・・・
それがあざとなって、肝心な可動が十分に生かせなかったり、パーツ保持力に問題があったりと結果的に遊びにくい玩具になってしまったんじゃないかとおもいます。



P8309085
今となっては3000円程度で購入できるならやすいと感じてしまうんですが、当時はリボルテック、ロボット魂、さらによく動くfigmaも2000円台という価格帯だったので・・・ 



P8309082
うーん、やっぱり価格的にも群雄【動】シリーズはアクションフィギュアの波にうまく乗れなかったイメージがありますね。


P8309080
ちなみに発売されたのは、グランカイザーとゴッドグラヴィオンの2種のみ。


P8319103
せめてソウグラヴィオン、グランΣ、グラントルーパーなどの数多いラインナップでユーザーを黙らせてほしかった。



グランナイツの諸君、合神せよ!!



P8309091
エルゴフォーム!


P8309083



P8319110
付属品「試作銃火器」


P8309087
こちらはハンドパーツ側にある軸に銃のダボ穴を差し込むことで保持。
銃を構えられるように表情付きのハンドパーツが両手分付属しています。


P8309089
付属品はたったのこれだけ・・・
せっかくのアクションフィギュアなのにいまいち遊び要素が薄いという。



P8319111
武装神姫と並べて。
ノンスケールサイズなので、スーパーロボットもバルキリーも基本的に大きさは同じです。



P8319105

P8319109

P8319106
P8319107



P8319112
以上「群雄【動】No.013 グランカイザー」レビューでした。




関連
群雄【動】No.001 マクロスプラス YF-19
群雄【動】No.011 マシンロボ クロノスの大逆襲 ケンリュウ
群雄【動】No.007 超獣機神 ダンクーガ
群雄【動】No.013 グランカイザー