PA151007
トミーより プラモン P-01 リザードン の紹介です。
価格780円

ついに、あのポケモンが動き出す! 

PA151005
こちらは1997年からトミーより発売されていたポケモンの完全塗装済み組み立て式キット。
初期ラインナップはリザードン、カメックス、ミュウツーの3種類となっております。当時はカメックスが人気でしたね。

PA151004
では組み立ててみましょう。

PA151008
ちなみにこちらが全ランナーとなります。
パーツを外すのにニッパーを使用する必要がありますが、接着剤は不要です。

PA151012
こちらが説明書。

PA151011
4ステップ程ですがステップ1の工程が複雑で子供向けのキットとしては結構難易度が高いかも。

PA151013
遊び方等。

PA161018
リザードン

PA161019
後ろ姿。

PA161024
オレンジの成型色に各部塗装が施されておりパチ組でも十分なクオリティ。
少しデフォルメが効いており、思ったよりも見た目が可愛らしい。

PA161026
頭部。
ポケモンキットとは違いプラモンはアニメのデザインがベースになっているみたいです。

PA161025
正面から
プラスチックのかみ合わせが結構キツめなので・・・イマイチパーツが嵌らず、正面からだと分割線が目立ってしまいますね。

PA161023
腕と足は軸接続なので可動します。

PA161027
ではギミックの紹介です。

PA161028
尻尾を持って上下に動かすと・・・

PA161030
口とウイングが連動して可動します。


動画で。


パクパク、パタパタ。

PA161031
口を開けた状態で。
やっぱりアニメのイメージに近い感じで結構カッコいいですね。

PA161033
当時はプラモン、ポケモンキット、プラコロ、ポケモンバトエン、フルカラーコレクション、ポケモンカードなどなどかなりポケモン関連の玩具が充実してたイメージ。
私もプラモンのミュウツーやプラコロは小さい頃に組み立てて遊んだ記憶があります。

PA161035
トミーのプラモンは2013年に「プラモンNEO」として復活。
リザードンもリニューアルされておりますがこちらもすでに生産終了した商品なので今では入手困難です。
ちなみにバンダイは「ポケプラ(ポケモンプラモコレクション)」なのでキットを探す際に結構名前が紛らわしかったり。

PA161036
デスクトップアーミーと一緒に。
サイズはそれほど大きくないです。

PA161015
プラモンとポケモンキットの比較。
今となってはなかなか見ることが出来ない2ショット

PA161016
以上「プラモン リザードン」レビューでした。



関連
トミー ポケモンキット 001 カイリュー
トミー ポケモンキット 002 リザードン
トミー ポケモンキット 004 フシギバナ
トミー ポケモンキット 006 サイドン
トミー ポケモンキット 011 なみのりピカチュウ
トミー プラモン P-01 リザードン
トミー プラモン P-03 ミュウツー
トミー プラモン P-06 プテラ