PB091932
MS in ACTION!!  ガンダムエピオン の紹介です。
価格1260円


PB091934
後ろ姿。

PB091961
発売は2003年11月。こちらはMIAの第二期シリーズの後半にリリースされたフィギュアとなります。
「新機動戦記ガンダムW」「新機動戦記ガンダムW EndlessWaltz」は海外人気もあってかMIAシリーズ全体から見てもGガンダムの次ぐらいに優遇されていた印象がありますね。
ペイントが違う香港版やアメリカでしか発売されなかった商品なども多いのでコレクターの身としては茨の道です。


PB091937
MIAシリーズが始まって3年目ということで造形技術が格段にアップ!
こちらのエピオンは各部の塗装や細部のディテールなど塩ビとは思えないほど非常によく再現されています。


PB091938
頭部。
とはいえ、アンテナの大きさやマスクの造形はまだ少し大きめ。

PB091939
頭部は下からのアングルの方がかっこよく見えますね。
ツインアイはメタリックグリーンで塗装されております。


PB091946
頭部後ろ
センサー部分まで彩色済み。子供向けフィギュアながらも子供だましではない細かなこだわりを感じます。

PB091941
胸部。
中央の球体(サーチアイ)はツインアイ同様のメタリック塗装で再現。

PB091942
腰回り。
初期のシリーズとは違いスミ入れも落ち着いてますし、パーツ造形や配色の再現度など今見てもあまり見劣りしないクオリティだと思います。

PB091944
バックパック部。
ディテールが細かく情報量が多め。

PB091943
小さなブースターノズルはそれぞれ上下に可動します。


PB091950
エピオンウイング こちらはPVC造形なので重量がやや重め。
パーツに曲がり癖が付きやすいと言った点が問題です。


PB091949
ウイングは上下に可動。


PB091951
根本に回転軸が設けられているので、ウイングの角度変更も可能です。


PB091954
腕部
エピオンクローは別パーツ構成。

PB091955
肘の可動。
セカンドシリーズ同様の二重関節が採用されています。

PB091956
脚部
変形の都合上、スネ部分にロール軸が設けられております。

PB091957
脚部の可動として、膝は2重関節。
足首のボールジョイント接続に加え、つま先もジョイントで可動します。


PB101972
足。
MA形態時にメインカメラとなる部分までメタリックグリーンで彩色されています。


PB091969
足の裏の造形。

PB101971
肩アーマー横側。

PB091970
リアアーマー内側のブースターノズル。


PB091966
MIAエピオンはメカディテールの細かく造形の再現度が高いので、ただのおもちゃではなくフィギュアとしても十分見ごたえがありますね。


PB091963
アクション!!

PB091968
PB101975
大河原邦男さんのデザインに一番近いんじゃないでしょうか。


PB101976
付属品「ヒートロッド」

PB101977
鞭部分は1つ1つが別パーツ化されておりフレキシブルに可動します。


PB101980
まさに本当の鞭のようなしなやかさがあるんですが、動きを固定できないのでポージングは少々難しい。

PB101979
エピオンシールド先端に接続された鞭状の打撃武器。
使用時は表面が灼熱化し、ガンダニュウム合金を熔断する威力を発揮する。


PB101981
単純な打撃や敵の捕獲、武装の奪取などにも使用可能。
ビームサーベル以上の間合いと、変則的な攻撃軌道による動きの読み辛さが強みだが、使いこなすには相応の技量が求められる。


PB101983
鞭部分のみの取り外しも可能です。

PB101984
付属品「ビームソード」

PB101985
ジェネレーター直結ギミック。
ビームソードは下部からビニール製のチューブで腰へと接続。


PB101997
ビームエフェクト部分は2色のクリアパーツ成型。
大出力のビーム刃が迫力のあるダイナミックな造形で再現されています。


PB101991
サーベルの大きさ、鞭の長さ、そして左右に広がるウイングパーツのおかげで見た目のボリュームがかなりありますね。


PB101988
右腰にマウントされた大型ビームサーベル。
従来機で採用されているサーベルの柄にエネルギーを充電する方式ではなく、柄尻と右腰エネルギーサプライヤーに接続されたケーブルを介し、機体のジェネレーターから直接エネルギーを供給する


PB101992
アクション!

PB101999
MA形態への変形。
まずは武器とハンドパーツを取り外します。


PB102000
リアアーマー部


PB102001
中央からパーツが分かれてリアアーマーが開きます。
パーツの付け替えではなくギミックで再現しているところが良いですよね。

PB102002
腹ばい状態にして。

PB102003
足を真上に上げます。

PB102004
そして膝部から折り曲げて正面に。

PB102006
最後に後部にヒートロットを取り付けることで・・・

PB102008
モビルアーマー形態の完成です。
ウイングガンダムのバード形態と比べるとなんだか不格好ですが、足を背中側に折り曲げると言ったエピオン独自の変形機構が面白いですね。


PB102009
足のメインカメラ部。

PB102010
内装機器の配置を組み換えることでエネルギー効率を向上させ、長時間の巡航を可能とします。
ビジュアルは「双首竜」を思わせる形状とのことですが・・・正直、エイのような海洋生物の方がイメージが強いかも。





LLLLRRRRLRLRLRLR



PB102014
!?


PB102011
・・・?


PB102013
!!!



PB102015
(なるほど・・・)



PB102016
以上「MIA ガンダムエピオン」レビューでした。






関連。

Superior Defender Gundam ガンダムエピオン
MIA ウイングガンダム
MIA ウイングガンダム・セカンドバージョン
MIA ガンダムデスサイズ
MIA シェンロンガンダム
MIA ガンダムヘビーアームズ
MIA ガンダムサンドロック
MIA ガンダムヘビーアームズ2nd
MIA リーオー [ 宇宙軍仕様 & 地上軍仕様 ]
MIA ガンダムエピオン