PC010325
マクファーレントイズよりマクファーレンモンスターズシリーズ1 マミー の紹介です。
(McFarlane's Monsters - Series 1 Mummy)


PC010326
パッケージ裏
スポーンフィギュアでおなじみのマクファーレントイズが2002年頃にリリースしたオリジナルフィギュアシリーズ。


PC010327
購入したのは国内版で代理店は「タカラ」になっています。


PC010328
BLOOD SPLATTERED PACKAGE !!
こちらは通常版とは違い、パッケージとフィギュアの一部に血のペイントが施されたバリエーション。 特にレアリティが高いと言った感じではないと思うんですが、ペイントの有り無しは好み次第ですね。


PC010331
マミー


PC010330
後ろ姿。


PC010335
見たところ、1997年頃にマクファーレンがリリースした「ザ・マミー プレイセット」を再びリアルな造形でリメイクしたと言った感じですね。
左右非対称なデザインで、ミイラ男さながら見た目の情報量がかなり多めです。


PC010334
左半身。

PC010333
右半身。

PC010338
背中

PC010341
細身な体型なのにパワーを感じさせるマクファーレントイズの造形力!
ゾンビスポーンなど過去にもそれっぽいフィギュアがありましたが、今回のマミーはデザインが本当に洗礼されてるなーっと思います。


PC010339
右側の顔はだいぶ腐ちた雰囲気になっており、目の当たる部分が完全に潰れていますね。


PC010340
顎が可動し、少しだけですが口を開くことが可能。


PC010337
左側は目があり少し虚ろな表情が見てとてるような気がします。


PC010347
ボディ
ミイラ化した包帯のバランスが実にいいですね。首元にはアクセサリーがあります。

PC010351
ミイラなのでお腹はスカスカで骨が丸見えに。


PC010348
腕部

PC010350
包帯の造形はもちろんの事、右と左とで手の甲の装飾が異なります。


PC010352
腰回り

PC010353
後ろ側
左の膝裏に黒いものが付着しているんですが、よくみると「サソリ」のような虫の形をしています。


PC010354


PC010355
足の裏
血のペイントがかなり激しい。


PC010357
上半身の可動。
首は左右にロール可能。腰はなんとボールジョイント接続になっています。


PC010358
腕部可動。
肩はロールとジョイントによる脇の上下が可能。肘と手首が90度まで曲げられます。


PC010359
さらに二の腕と手首の上部には軸がありロール可動が可能です。


PC010360
細い腕に複数の関節や軸が多く設けられているので若干強度面で心配なところがありますが・・・
人の形を保ちながら人外の動きを取ることができるところが本当に最高だと思いました。


PC010361
脚部の可動。
造形上、股があまり動かないんですが、膝は90度程可動。足首にも関節があり足を伸ばすことも可能です。


PC010364
マクファーレンのフィギュアとしてはよく動く方ですね。


PC010370
腕組み


PC010366
関節部が目立たないような工夫がされた造形も注目だと思います。


PC010371
やせ細ったボディなのに強そうなこのビジュアル・・・・


PC010372
ほんとにかっこいい。
おそらく国内での販売価格は3000円だと思うんですが、これは少し値が張ってでも買う価値があるフィギュアだと思います。


PC010342
頭部造形の遊び心。
黒塗りのように見える右目の部分ですが・・・・実は。


PC010343
穴になっています。


PC010345
頭部の中は空洞になっており、目の穴は後頭部の穴へと一直線上に。


PC010344
常に穴が見えるデザインではなく、見る角度を変えないとこのような穴が確認できないところが非常に面白いですね。


PC010346
ほら、ちゃんと貫通してますよ?




PC010379
フィギュアサイズは大体17センチ位。




PC010373
付属品「コブラ」

PC010377
こちらはベンダブルフィギュアになっているので体をくねくね動かして遊べます。
マクファーレントイズのフィギュアでは結構よくあるギミックですね。


PC010375
顔。
かなりリアルな造形。


PC010376
細かな模様や塗装も見事。


PC010378
マミーと一緒に





PC010383
付属品「アヌビスマスク」

PC010384
後ろ姿。


PC010387
なんとびっくり、死霊とかしたマミーが神々しいアヌビスへと様変わり!
マスクはマミーの頭部から被せる形で取り付けます。


PC010386
まるで美術品のような繊細さ・・・記号がしっかりとしていると言うか、1つ1つのデザインが秀逸です。

PC010388
「ウジャトの眼」「真理の女神マアト」(鳥のような模様)、胸元には「スカラベ」などの古代エジプト要素がかなり強く盛り込まれてますね。


PC010389
前垂れには古代エジプトの象形文字「ヒエログリフ」


PC010391
頭部はアヌビス神」
判りにくいんですが額には「ワジェト(コブラ)」が造形されています。


PC010395
おそらくモチーフはアヌビスだけではなく、「ツタンカーメンの黄金の棺」の意思も盛り込まれているんじゃないかと思います。


PC010393
背中には武器を装備。


PC010401
もちろん武器は取り外してハンド部に持たせることが可能です。


PC010400
こちらも元ネタがありそうな気がしますが・・・


PC010406
PC010407
PC010405
PC010406
美術的な外見なので「血しぶき塗装」が無い通常版のほうが見栄えがいいかもしれませんね。


PC010416
アクション!

PC010419
PC010413
武器の連結。

PC010410
パッケージには説明書きが一切記載されてないんですが、柄の部分には軸があり接続できるような造形に。

PC010420
アヌビスマスクは肩にも装着可能。

PC010421
これはこれでまた新たな魅力が・・・全てにおいてセンスがヤバイ。


PC010380
1998年にリリースされたマミーと並べてみました。


PC010381
かっこよくなりすぎ!
前垂れはアヌビス側に振り分けられた感じですね。



PC010398
1998年のアヌビスと棺。


PC010408
武器の下部分は棺のデザインと一致しますね。







PC020426
FAGと一緒に。

PC020425
PC020427
エジプト力(ちから)の高まりを感じる。


PC020431
PC020432




PC020434
マミーとFAG

PC020433
もともと死霊使い的なコンセプトで作ったFAGなので、ゾンビ系はお手の物。


PC020435
PC020440
なんとも猟奇的な・・・


PC020436


PC010369


PC010422
以上「マクファーレンモンスターズ マミー 」レビューでした。





関連
FAG イノセンティア・アヌビス
FAG イノセンティア・バステト
ゾイドワイルド ガノンタス・アペシュ
ゾイドワイルド ガブリゲーター・セベク
ザ・マミー プレイセット
メジェド様
古代エジプトのだんごむし
マクファーレンモンスターズ マミー