PC290025
バンダイより ガシャポン タマゴラス2 の紹介です。
価格1回300円。


PC290024
80年代の大ヒット変形玩具が復活ということで大きな話題となった「カプセルタマゴラス」の第三弾が登場!
こちらのタマゴラスはカプセルレス商品ということで、このようにフィルムが巻かれた状態で排出されます。

PC290027
第3弾のラインナップは 首長竜 カメレオン サイ ペンギン の全4種類。
こちらのミニブックは玩具の中に封入されています。

PC290032
首長竜
カラーはライトブラウン。上部には波のような模様がプリントされています。

PC290033
まずはタマゴ状態から。
80年台当時玩具とは異なり、新シリーズはメカ的なディテール追加され、現代風のアレンジが加えられております。

PC290034
タマゴ状態時はシリーズ共通のサイズで一部のディテールやプリントが異なります。

PC290039
では変形させてみましょう。

PC290038
中央からパカっと開きます。

PC290040
内部パーツを外側に展開。

PC290041
足になるパーツの位置を整えて・・・

PC290042
殻を再び閉じます。

折り曲げられた首を起こすと・・・・


PC290043
首長竜に変形完了。
具体的な名前を出すと、プレシオサウルスがモチーフでしょうか。

PC290046
卵の殻をモチーフとなる動物や恐竜といった生き物の胴体に見立てたこの姿。
新作玩具なのに懐かしさを感じるフォルムがいいですよね。

PC290045
目は塗装済み。
可動として口が開閉します。

PC290047
胴体部。
足はヒレ状で変形の恩恵でパタパタと上下可動させる事が可能です。

PC290048
ヒレ状の足の裏には何故かミサイルが・・・やっぱり兵器なのでしょうか

PC290051
首長竜は旧シリーズでもラインナップされていたのでリブートと言った感じになりますね。
当時の首長竜は四足歩行タイプで色もグリーンだったので、同じ名前でも解釈が異なります。

PC290049
ドラえもん のび太の恐竜に登場する「ピー助」の印象が強いせいか、卵から孵化する印象が強いんですが・・・首長竜は卵胎生だそうで。
まあ、卵から恐竜が孵る的なコンセプトがグッと引きつける要素なんですよね。

PC290037
卵に戻すときはこのようにパーツを内部に収めます。
キリン然り首が長い系のタマゴラスはパーツの折りたたみが面白い。


PC300052
ペンギン
紺色の外装に白のペイント。これはなんとなく変形後の姿が予想できそうですね。

PC300053
側面部のメカディテール

PC300054
では変形させてみましょう。

PC300055
中央からパカっと開いて

PC300056
内部パーツを外側へ

PC300057
卵を閉じれば・・・

PC300058
あっというまにペンギンの完成です。
モチーフと卵の形状がベストマッチ!これはもう見たままのビジュアルですね。

PC300059
後ろ姿。

PC300063
一見可愛らしい姿をしていますが、赤く塗られた目は鋭く凶暴そう。

PC300064
反対側の目は何故か色が白に・・・・(塗装ミス??)

PC300065
翼に当たる部分がボールジョイントになっているため、このように動かすことができます。

PC300066
翼の裏側にも注目!!
ちゃんとメカ的なディテールがありますね。

PC300067
足部分。
こちらは可動なし。

PC300068
たまご形態時の内部。


PC300069
サイ
グレーの外装に薄黄色の模様がプリント。

PC300070
側面部のメカディテール

PC300071
では変形です。

PC300072
真ん中からパカっと開いて。

PC300073
内部のパーツをすべて外に出します。

PC300074
殻を閉じるとサイに変形完了。

PC300075
後ろ姿。

PC300076
頭部造形
首長竜同様でサイも昔出ていたタマゴラスシリーズのリメイクアイテムになります。

PC300077
ギミックとして口が開閉します。
少しゾイドを感じる頭部のメカデザインがなかなかかっこいい。

PC300078
変形の都合上もありますが、後ろ足が少しだけ動かせます。
四足歩行系のタマゴラスは基本的に変形パターンが同じような感じですね。

PC300092
たまご形態時の内部。


PC300080
カメレオン
黄緑色の鮮やかな外装に黄色の模様がプリントされています。

PC300079
側面のメカディテール

PC300081
では早速変形させましょう!

PC300082
パカっと開いて

PC300083
中身を出して。

PC300084
殻を閉じれば、カメレオン!!

PC300085
後ろから。

PC300086
まず注目したいのはカメレオンの特徴的な巻き巻き尻尾!
これはよく再現されていると思います。

PC300087
頭部造形。
カメレオンはあんまりメカアレンジされてない感じ。

PC300088
ギミックとして口が開閉します。

PC300089
更に、下を引っ張ることで伸ばすことができます!!
これはすごい・・・今回の第三弾の中では一番凝ってるんじゃないかなーっと。

PC300091
たまご形態時の内部。
長くてボリュームのある尻尾の収納がお見事。



PC300090
タマゴラス3集合!!
今回のシリーズはどれも個性が強くて面白い。ハズレ無しだと思います。




タマゴラスで遊ぼう!

PC310099
タマゴラスとビーストサーガ!

PC310097
タマゴラスとフレンズ

PC310105
タマゴラスとビーストウォーズ

PC310103
タマゴラスとライダー

PC310101
・・・・・。

PC310100
どれも動物モチーフの強みですね。


PC310106
以上、「ガシャポン タマゴラス3」レビューでした。



関連
ガシャポン タマゴラス
ガシャポン タマゴラス2
カプセルトイ だんごむし
カプセルトイ だんごむし02
ガシャポン タマゴラス3