P1050661
NECAより フジティブ・プレデター の紹介です。
(NECA The Predator 2018 Fugitive Ultimate 7" Action Figure)
発売日18年9月

一番強いヤツはどこだ。

P1060717
フジティブ・プレデター (Figurine Predator)

P1060699
後ろ姿。

P1060720
2018年9月14日に日本公開された映画「THE PREDATOR」より劇中に登場する新たなプレデター、通称「フジティブ・プレデター」が早くもアクションフィギュア化!!
全米公開に合わせてフィギュアがリリースされたんですが好評につき再販。現在国内で出回っている商品は2次生産版となっております。

P1060706
フジティブ・プレデターは今回の映画で人間側に味方するプレデター(一応)。
意味は「逃亡者(フュージティブ)」で劇中では「1号」と呼ばれています。

P1060713
見た目の特徴として、まずは身にまとっているハイテクな装備
もともと技術力が高いプレデターですが、前作の「プレデターズ」で見られた蛮族的な装備品とは全く異なり、外観から大幅に現代化されています。

P1060716
久々の映像作品で新しい解釈や文化的な発見が多く、世界観の広がりがザ・プレデターの面白い点だなーっと思います。
そして、シリーズの繋がりを彷彿させるような小ネタが多いところも非常に脳を刺激されますね。

P1060764
映画作品だけではなく、ケナーのオリジナル玩具やAVPコミックス、ゲーム作品などプレデターは意外と幅が広いので・・・
変に旧作に囚われるよりも、もっと色んな作品に触れてほしいっと言うのが個人的な意見です。


ではでは、NECAのフィギュアをじっくり観察して見ましょう。


P1060721
エンバイロメント・ヘルメット。
今までのプレデターは原始的なものが多く見られましたが今回のマスクはピッカピカのテッカテカ!

P1060722
左右非対称な造形で右側にはおなじみのレーザーサイトが付いております。
初期生産版と比べると塗装に違いがあるようで・・・2次生産版のほうが光沢質な塗になっているようです。

P1060745
フィギュアではよくわかりませんが、マスクの新機能として左側には内蔵式のプラズマキャノンが装備されています。
オンライン機能自動迎撃システムも備えており・・・劇中では大惨事になりましたよね。。


P1060724
ドレッドヘアー。
こちらはすべて軟質パーツで1本ずつ分割されています。干渉が防げるのでより自然なポージングできますね。

P1060725
マスクと頭部は一体になっているんですが、いかにも取り外しができそうな隙間の造形が見事です。


P1060728
肩掛けプラズマキャノン
プレデターシリーズではおなじみの武装。

P1060727
こちらは2つの関節と砲の取り付け部分のボールジョイントで可動します。
パーツが細く小さいので破損が少し心配です。

P1060731
鎧部分
露出が少なくAVP勢よりも重厚。


P1060732
後ろ側のデザイン。
え、何このかっこよさ・・・・・!!

P1060733
肩鎧。

P1060734
腰回り

P1060735
リア部。
劇中だと暗いシーンが多いので細かな装飾はよく見えないんですが、こんなおしゃれでかっこいい鎧だったんですね。

P1060738
コンピューターガントレット

P1060739
攻撃だけではなく宇宙船を遠隔操作するリモコンや自爆する際に手段にも使用されます。
ゴールドとシルバーの塗装でなんだか豪華です。

P1060736
フジティブの肌は赤と黄色っぽい色合い。
ジャングルハンター、シティハンターが身にまとっている肌を守るメッシュが見て取れます。

P1060737
腰には手裏剣のように刃が展開するレイザーディスクを装備。
こちらは「エイリアンvsプレデター」でスカーが使用していたものと同じだと思われます。

P1060740
太もも部。
両サイドに鎧が装着されています。

P1060741
脚部

P1060742

P1060743


P1060744
指や骨の出方が特徴的。

P1060747
可動として首がボールジョイント。
上半身、胴、下半身とボディが分割されているので非常によく動きます。

P1060749
腕部は肩の上げ下げと開きに加えて、肘が二重関節で可動します。

P1060753
今回は手首にも可動が設けられているので、ポージングの幅が広がってますね。
最近のプレデターフィギュアを購入してないのでいつ頃からアップグレードされたのかはわかりませんが、可動素体がかなり良くなっています。

P1060755
脚部は股の開きと膝が二重関節で可動します。

P1060756
もう人間フィギュアとほぼ同じ可動域ですね。
ただ足がうまく地面に設置できないので、何かしらスタンドで支えないと遊びづらいかも。

P1060762
アクション!

P1060759

P1060760

P1060761
走るフジティブくん。

P1060785
付属品「平手」

P1060779
こちらは左右とも付属。

P1060777
昔のシリーズは付属パーツなんて殆どなかったので・・・ここ数年のNECAはフィギュアで遊ぶ側の需要に十分答えてくれる感じがして好印象。

P1060766
付属品「リストブレード」

P1060767
プレデターではおなじみのクロー!

P1060769
フジティブはガントレットを両腕に装備しており、片腕2本のブレードが展開します。

P1060770
劇中ではリストブレードの刃を発射するシーンがありましたね。

P1060771
もちろんフィギュアにもブレードパーツが合計4本付属しております。

P1060774
ブレードパーツはかなり薄いので、あんまりガントレット側に押し込むと折れてしまう可能性があるので要注意。

P1060772
アクション!

P1060775

P1060783


P1060687
マスクオフ。
こちらは脱着ではなく、頭部をまるごと交換する事で再現されております。

P1060692
やっぱりプレデターと言ったら 醜 い 顔 ですね(褒め言葉)。


P1060694
口は開いた状態、つぶらな瞳までしっかりと再現されています。
フジティブの素顔はジャングルハンター、シティハンターとよく似ています。

P1060787
ドレッドヘアー

P1060792
プレデターズ設定だとフジティブはクラシック族

P1060794
DNA操作で強くなったバーサーカー族とは違い、武器や防具側の技術アップで強くなる道を選んだ種族なんじゃないかと思います。

P1060790
行き着く先として、アルティメットプレデターとプレデターキラーが決定的な違いになりますね。
(個人的な解釈です。)

P1060796
ガンレットなしの腕パーツ。

P1060795
劇中では片腕のみガントレットを付けているシーンがあるので、それの再現用。

P1060797
腕を引き抜き、パーツごと交換します。

P1060800
武装神姫と一緒に。
フィギュアサイズは21.5センチくらい。

P1060802
今年発売される予定のアサシン・プレデターは30センチを超えるフィギュアサイズになると思われるので・・・今から楽しみです。
ちなみにプレデターキラーのフィギュアは現時点では発売の予定がないとのこと。




P1060663
サーバルちゃん「ガーイド!ガーイド!サバンナガーイドーー!」


かばんちゃん「あの、サーバルちゃん・・・」




P1060664


P1060665
・・・・


P1060667
!!?


P1060666
かばんちゃん「た、たべないでくださ~い!」


P1060668
サーバルちゃん「かばんちゃん・・?」


P1060669
シュッ!

P1060670
・・・・

P1060671
・・・・

P1060674
サーバルちゃん「・・・??」



P1060676
かばんちゃん「返してくださーーい!」



P1060678
フジティブ「・・・。(トロフィーとしてもらっておこう。)」

P1060682
グイッ!


P1060683
ハロウィンの惨劇。

P1060684
ザ・プレデターを見てください。


P1060815

P1060827

P1060805
以上「NECA フジティブ・プレデター」レビューでした。



関連
NECA ファルコナー・プレデター
NECA スカベイジ・プレデター
Kenner プレデター・クランリーダー(Clan Leader)
Kenner レーザーショット ・プレデター(Lasershot Predator)
Kenner スパイクドテールプレデター (SpikedTail Predator)
NECA フジティブ・プレデター