P1271959
マクファーレントイズより、マクファーレンドラゴン8 エターナルドラゴンの紹介です。
(McFarlane's Dragons Series8 ETERNAL DRAGON CLAN 6)


P1271960
パッケージ裏

P1281964
エターナルドラゴン クラン6(ETERNAL DRAGON CLAN 6)

P1281968
後ろから

P1281971
こちらはマクファーレントイズが発売したオリジナルのドラゴンフィギュアシリーズ。
エターナルドラゴンがラインナップされたシリーズ8は2008年1月頃に発売された商品です。

P1281972
「永遠」、「不滅」という名前が付けられているんですが、McFarlaneDragonsシリーズには同じ名称のドラゴンが複数ラインナップされています。
「クラン6」はおそらくDragonsシリーズ6体目のエターナルドラゴンと言う意味合い。

P1281978
パッケージを見るとなんだかドラゴンに関する物語的な物が書いてあるような気がするんですが・・・


まぁ、細かい事は気にせず個性的なドラゴンの造形を楽しんでいきましょう!



P1281977
まずはパワフルな頭部造形!
ドラゴンはやっぱり見た目の力強さが一番の萌えポイントだと思います。

P1281974
見てくださいこの切れ目で今にも襲いかかってきそうな迫力を!
瞳までしっかりとメインとで再現されており、量産品の完成品フィギュアとしてはやっぱり一線を越えたものがあるような気がします。

P1282017
口の内部。
舌は黒くなってますね。

P1281976
肌の造形や彩色の細かさにも注目!
もちろん架空の生き物ですが、生物らしさを感じさせる繊細な色のグラデーションが見事です。

P1281979
ボディ。

P1282015
首。

P1281983
背中

P1281980
太もも。

P1281982

P1281981
腕部

P1281984
しっぽ
ブルーを基調としたボディカラーにイエローの配色がよく映えます。

P1281985
しっぽの裏側は濃いブルーカラーになっていますね。

P1281997


P1281999
両翼は別パーツ化されており、パッケージから出した際に組み立てる必要があるんですが・・・
パーツの接続がかなり渋めで、少し接続部が浮いてしまいます。。

P1281996
右側には種族を表すマークがプリントされています。
やっぱり古いフィギュアなで接続部のパーツが変形してしまったんでしょうか・・・

P1281998
翼のシワや質感にもこだわりを感じますね。

P1281987
台座はジオラマ風でドラゴンのサイズ感を表す演出になっています。

P1281989
McFarlaneDragonsシリーズはこういった洒落た台座が多いんですが、ドラゴンとはまた別途の魅力があってお得な感じがしますよね。

P1281990
水辺と岩場

P1281992
ドラゴンががっしりと掴んだ岩肌。

P1281993

P1281995

P1282013
フィギュアの切れ目を見るとわかると思うんですが、可動は首のロール。

P1282014
右の二の腕がロール。

P1282016
尻尾の付け根のロールの3箇所のみ。
動かす必要がまったく無いのでほぼスタチューモデルといった感じです。

P1282001
武装神姫と一緒に
フィギュアサイズはシリーズの中ではこれでも小ぶりの方ですね。

P1282005
デスクトップアーミーと一緒に。

P1282023
ドラゴン狩り!

P1282024
P1282026
P1282021
P1282028
P1282006
召喚!!

P1282010
P1282012
P1282009
P1282008
以上「マクファーレンドラゴンズ8 エターナルドラゴン」レビューでした。



関連
マクファーレンドラゴンズ7 アイスドラゴン

マクファーレンモンスターズ ザ・マミー プレイセット
マクファーレンモンスターズ マミー

マクファーレンドラゴンズ8 エターナルドラゴン