P2112505
ホビージャパンより バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuber手乗りソフビおじさん の紹介です。
販売価格 3500円

P2112506
こちらはワンダーフェスティバル2019[冬]ホビージャパンブースにて先行販売された商品となります。
今の所ワンフェス以降の販売は未定になっているため、パッケージはこの通りかなり簡素な感じです。

P2112509
中身はブリスターになっています。
ホビージャパンの「AMAKUNI」ブランドなのでHJ通販やメガホビ、キャラホビとかのイベントで販売されるんじゃないかなーっと思います。

では開封。


P2112519
バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん

P2112526
後ろ姿。

P2112520
「はいどうもー!バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberの、ねこますでーす」
バーチャルYouTuberブームの走りとして世知辛い世間を騒がせた「ねこます」氏のアバターを立体化。
手乗りサイズのソフビフィギュアということで非常にお手軽でお求めやすい価格とサイズになっております。
P2112517
製品素材はソフビとPVC、彩色は塗装とタンポ印刷で再現。
ブームの先駆けとはいえ、ニッチなキャラクター(?)ですし・・・より多くの人に手にとってもらうためにはこれくらいのクオリティが丁度いいのかもしれませんね。

P2112540
無表情でぽかんと開けた口などまさに3Dアバターモデル通りの仕上がり。
いい意味でフィギュア的なアレンジや美化がされてないので、ほんと「そのままののじゃロリおじさん」を手にしている感じです。

P2112524
狐耳

P2112525
うしろ髪は小さなツインテール。
耳の中の色分けや模様、髪を結んだリボンなど結構細かく彩色されてます。

P2112534
衣装は巫女服風
見るからに薄そうな素材感、そしてへそ出し腋だしルックがあざといですよね。

P2112536
露出した肌はソフビの成型色ではなく、肌色の塗装なので仕上がりが少々厚ぼったい感じ。
服の模様はプリントです。

P2112541
腕部。
カッチカチな衣装の袖は、初期のモデルを彷彿させるかのようで面白い。謎の説得力がありますよね。

P2112563

わらわのワキも見放題なのじゃ

P2112527
背中はこの通り肌の露出が多くとってもセクシーなのじゃ。

P2112529
尻尾
ふわっふわでボリューミー

P2112532
足を伸ばしたおすわりポーズ。

P2112537
触った感じだとスカート部がPVCで脚はソフビになってます。

P2112532
太ももからふくらはぎまでの柔らかそうな造形がいいですね。

P2112530
P2112533
横から見ると、これまたあざとい。

P2112542
可動するのじゃ~~!!

P2112522
首や腕の分割部からロール可能なので、少しだけですがポージングを変えて楽しむこともできます。

P2112544
P2112543
着物が硬い狐・・・・

P2112545
世知辛い!!

P2112552
「世の中、世知辛いのじゃーーーー!」





P2112547
!!


P2112548
見てはいけないところを見てしまったような・・・


P2112549
ファンには嬉しい「お札シール」が付属しているので・・・




貼り付けることで。







P2112550
モデリングの再現が可能です。


はい。





P2112553
フィギュアサイズは全高約10センチほど。

P2112555
狐型武装神姫おじさんなのじゃー!!(力技)


P2112559
頭部は簡単に取り外し可能なので、サイズ的に合いそうなボディがあればすげ替えて遊べそうですね。
1/12スケールフィギュアに近い感じなんですが、長い耳の分大きく見えるかも。

P2112573
ポッキーーーッゲェェェエエエエエーーム (音割れ

P2112571
あーもこれ、ガチ恋アングルなのじゃ・・・・



P2112567
にぎにぎ・・・にぎにぎ・・・

P2112564
わらわのにぎったワキニッギリ!
手頃なおにぎりがなかったので寿司で代用してみたのじゃ・・・


P2112560
以上「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuber手乗りソフビおじさん」レビューでした。



関連
ねんどろいど 輝夜 月
ホビージャパン バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuber手乗りソフビおじさん