P2183038
マクファーレントイズより、マクファーレンドラゴン7 ファイアドラゴン の紹介です。
(McFarlane's Dragons Series8 Fire Dragon Clan)


P2183039
パッケージ裏
こちらがラインナップとなります

P2183040
ファイアドラゴン クラン (FireDragon Clan)

P2183055
後ろ姿。

P2183049
こちらはマクファーレントイズが発売したオリジナルのドラゴンフィギュアシリーズ。
シリーズ7は2007年10月に発売された商品となります。

P2183054
「火」という名前が付けられたドラゴン。
McFarlaneDragonsシリーズでは同じ名称のドラゴンが複数ラインナップされているんですが、こちらはその中で7体目に当たる存在となります。

P2183051
こちらのファイアドラゴンは第一弾シリーズにラインナップされているファイアドラゴンのリデコフィギュア。
同一のドラゴンとしてカウントされているため名前に「クラン」だけが付いているんじゃないかと思われます。


そんなことより、ドラゴンの造形をもっと詳しく見てみましょう。

P2183042
名の通り火属性のドラゴンなんですが、露骨に体が赤いとか火を吹いているといった演出があるわけではなく・・・
マクファーレンドラゴンの中でもシンプルで無難な造形に見えます。

P2183044
口の中の造形。
波打つ舌の立体感がいいですね。

P2183043
生々しい塗装もバッチリ。

P2183045
鱗や肌質を見ると全体的に茶系の落ち着いた色合いで彩色されている感じ。

P2183052
他のドラゴンよりも年老いたような印象で、東洋系の古龍みたいなイメージがありますね。
地を這い、火を吹く。シンプルなドラゴン像なんじゃないかと。

P2183047
頭部
には2本の大きなツノが生えています。

P2183053
首部分

P2183056
胴体部
マクファーレンドラゴンの中だと若干造形面では甘いかな・・・後期シリーズなのでもうちょっとインパクトが欲しい所がありますね

P2183061
とはいえ、このカラフルながらも落ち着いた配色、ちょっとした芸術品のような繊細さ塗装には眼を見張るところがあると思います。

P2183062
右腕部
前腕に翼がついた翼竜タイプ。

P2183064
左腕部。
翼を見た所、飛行能力はそれほど高くなさそう。

P2183059
右足

P2183060
腰回り。

P2183067
尻尾は太く長め。

P2183069
尻尾の先端部
独特な形状ですね。

P2183066
台座は切り立った岩のような造形になっています。

P2183072
可動は右腕のロール 左腕は地面に足をついているので固定となります。

P2183073
首の付根と頭部の付け根が左右にロール可動します。

P2183074
マクファーレンドラゴンシリーズは基本的にスタチューモデル扱いで造形されているので、可動は少々向きを調整する程度ですね。

P2183075
中国神話の麒麟みたい。

P2183070
やっぱり炎を足した方がよりファイアドラゴンらしさが出ますね。

P2183076
武装神姫と一緒に並べてみました。
横幅が広いタイプ。

P2183078
「ドラゴン・・!!」

P2183077
「覚悟ッ!!!」

P2183080
!!?

P2183081
P2183084
・・・・

P2183086

P2183085

P2183087

P2183088
以上「マクファーレンドラゴン7 ファイアドラゴン」レビューでした。



関連

マクファーレンドラゴン7 アイスドラゴン
マクファーレンドラゴン8 エターナルドラゴン
マクファーレンドラゴン8 バーサーカードラゴン
マクファーレンドラゴン7 ファイアドラゴン