P3245203
バンプレストより、ヒューマブルモデル3 シャイニングガンダム の紹介です。

P3245204
後ろ姿

P3245226
こちらはバンプレストのアミューズメント景品「ヒューマブルモデル」シリーズ。
MSでありながらも、人間の様にしなやかでスタイリッシュな動きが追求された完成品アクションモデルとなっております。


ラインアップは・・・・。

第1弾(2009年2月) ・RX78-2 ガンダム  ・ゴッドガンダム(ハイパーモード)
第2弾(2009年3月) ・ゴッドガンダム    ・マスターガンダム
第3弾(2009年4月) ・ライジングガンダム ・シャイニングガンダム
第4弾(2009年7月) ・RX78-2 ガンダム  ・RGM-79ジム

でシリーズ通して全8体のみ。


P3245206
バストアップ。
シャイニングガンダムは第3弾シリーズなので、以外にもゴッドやマスターよりも後にラインナップになりますね。
2009年だとロボット魂の初期(ガンダム00シリーズ)辺りとだいたい同期といったところでしょうか。

P3255255
当時大人気だった「スペシャルクリエイティブモデルEX」シリーズと少しスタイルが似ているんですが・・・・
ヒューマブルモデルは関節等の動きがより自然に見えるような独自の工夫が施されております。( 設計は千値練の人みたいです。)

P3245208
頭部。
ヒューマブルモデルでは細かなギミックはすべてオミットされており、頭部は最初からスーパーモードの状態で造形されています。

P3245207
必要最低限の塗装なのでさっぱりとした印象なんですが、逆にこのシンプルさがいいような気もしますね。
各部のディテールも少なく無駄な情報がない分、可動映えするんじゃないかと思います。

P3245209
ボディ。
フューマブルモデルシリーズは胴長のアレンジになっているんですがが、Gガン系ならあまり違和感がありません。

P3245216
コアランダー部。
本体に接着されているため取り外しは不可能。こちらは白い部分などの塗装もしっかりと施されてます。

P3245213
腕部

P3245215
肩アーマーはショルダーカバーが完全に開いた状態でパーツが接着固定されています。
内部エネルギーフィールドジェネレーター部のゴールドカラーの発色が綺麗で良いですね。

P3245218
籠手アーマー
アームカバーが上がった状態。残念ながらこちらは内部の塗装がありません。

P3245210
腰部
サイドとリアアーマーは軟質パーツ、フロントアーマーはプラ製で左右それぞれ前後に可動。

P3245217
サイドアーマーにマウントされているビームソードは造形のみで取り外しできません。
ほんと、ギミックに関してはストイックですね。

P3245211
脚部。

P3245212
レッグカバーを開放した状態で固定されています。
シュートブースター部はゴールド塗装。

P3245221
首は付け根と頭部の接続部がボールジョイント。
更に中間部にジョイントが設けられており、前後のスイングが可能。

P3245222
胸部と腰部がそれぞれボールジョイント接続。
反りや前屈などの動きをつける事が可能です。 コックピットハッチは別パーツになっているのでこちらは独立して可動、干渉を防いでいます。

P3245220
肩はダブルボールジョイント接続で水平まで腕が上げられます。 
ジョイントの軸で肩アーマーを挟み込む感じなので、肩アーマーとの干渉もありません。

P3245219
肘は1軸関節なんですが、かなり内側まで曲げられるような設計に。
ロボット魂やスペクリシリーズとはまた違う独自の関節ですね。 二の腕はロール、手首もダブルボールジョイントです。

P3245223
股はボールジョイント。
かなり広範囲に動かせる様になっているので、胡座をかくようなポージングも可能だと思います。

P3245224
膝も肘と同じような一軸関節。
スネ側の接続部がボールジョイントになっているため、ひねりが再現可能。

P3245225
足首はスネ側と足の付根側がボールジョイント、中間部に関節が設けられており前後にスイングが可能です。

P3245232
必要最低限の塗装とはいえ、ロボット魂シリーズにも引きを取らないかっこいい仕上がり。
第一弾でガンダムがラインナップされていますが、やっぱりプロポーションはGガン向けですね。

P3245231
上段蹴り!

P3245236
シャイニングソードの付属がないので、ひたすら格闘ポーズを取らせて遊ぶ感じ。

P3245234
劇中のモビルファイターみたいな滑らかな動きが再現できるフィギュアは、後にも先にもヒューマブルモデルくらいなんじゃないかなーっと。

P3245250

P3255252
ギミックを削った結果、パーツのポロリが一切ないのでその分非常に遊びやすいと思います。

P3245228

P3245233
ハンドパーツは左右の「握り手」の他に「左平手」

P3245237
「俺のこの手が光って唸る! お前を倒せと輝き叫ぶ!」

P3245239
付属品「シャイニングフィンガー」

P3245245
右の平手はシャイニングフィンガー再現用としてグリーンで塗装されています。

P3245244
おそらくハンドパーツは第1弾のゴッドガンダムに付属しているゴッドフィンガーと同じ造形になっていると思われます。

P3245242
「必殺!シャイニングゥーフィンガァァ!」

P3245243

P3255257
ヒューマブルモデルとMIAを並べてみました。
サイズ的にはガンプラのHGシリーズと同じくらいだと思います。

P3245248
ヒューマブルモデルは残念ながら第4弾でシリーズ終了してしまったんですが、もし続いていたらシュピーゲルやノーベル辺りの機体も発売されてたかもしれませんね。

P3245249
以上「プライズ ヒューマブルモデル3 シャイニングガンダム」レビューでした。



関連
MIA シャイニングガンダム
スペシャルクリエイティブモデル2 陸戦型ガンダム
スペシャルクリエイティブモデル3 ガンダムF91
スペシャルクリエイティブモデル3 ガンダム(カラーバリエーション)
スペシャルクリエイティブモデル4 ガンダム
スペシャルクリエイティブモデル4 Gファイター
スペシャルクリエイティブモデルZ PART1 キャスバル専用ガンダム
スペシャルクリエイティブモデルZ PART1 ガンダムMK-Ⅱ
スペシャルクリエイティブモデルZ PART2 Zガンダム
スペシャルクリエイティブモデル リアルエディション インパルスガンダム
ダイキャスト・クリエイティブ・ザク シン・マツナガ高機動型ザク
ヒューマブルモデル3 シャイニングガンダム