P7143040
7.5インチモビルファイターシリーズ シャイニングガンダム ハイパーモード の紹介です。

それでは、ガンダムファイトレディーゴー!
P7143041
パッケージ裏

P7143042
GF13-017NJ シャイニングガンダム(ハイパーモード)

P7143044
後ろ姿。

P7143072
こちらはアメリカで発売された7.5インチの可動フィギュア。
モビルスーツ・イン・アクションのビッグスケール版という位置づけでリリースされたシリーズで国内では未発売の商品となっております。

P7143045
シャイニングガンダムは本作品の主人公である ドモン・カッシュ が搭乗するネオジャパン代表モビルファイター 。
機動性を重視して設計し攻守に優れた機体であり、ドモンが繰り出す流派東方不敗の技の数々を遺憾なく再現する性能を備えています。

P7143062
真スーパーモード!!
ガンダムファイターの精神が明鏡止水の境地に達した時、理性を保ったままスーパーモードの力を扱える究極にして理想の形。
その際、パイロットの影響を受けて機体が全身ゴールドカラーに輝きます。
玩具やプラモデルでは「ゴールドカラー = ハイパーモード」といった解釈で商品名になっている事が多いようです。

P7143047
フィールドリダクションフィン、リトラクタブルダクト、フェイスカバーが開いた状態の頭部。
PVCと軟質プラで造形されており、マスク部までしっかりと塗装が施さております。

P7143046
海外ではモビルスーツ・イン・アクションと同じシリーズとして扱われておりますが、全身はほぼプラスチックでメッキ等も使われいるためフィギュアと言うよりも玩具といった感じです。
ネジ止めのパーツや関節構造も全く異なるので完全に別シリーズと言ってもいいと思います。

P7143048
お気づきの方もいるかと思いますが、実はこのシャイニングガンダムは国内で発売された「モビルファイターシリーズ」と全く同じ造形。
海外でははMIAと同系統のトイとして扱われているみたいです。

P7143049
ということで、こちらのシャイニングガンダムはモビルファイターシリーズの海外版と言ったほうが玩具的には伝わりやすいかと思います。
ちなみに国内展開された「BIG SCALE MOBILE SUIT IN ACTION!!」とはまた別のシリーズなのでかなりややこしい。

P7143051
ボディ
全体的にゴールドメッキ処理が施されており、中央部はクリアパーツが使用されております。

P7143061
コアランダー。
ブースターノズルが別パーツ造形になっており少し上下に可動します。

P7143053
腰回り。
こちらはゴールドの塗装で色合いが再現されています。なかなか上品な色合いです。

P7143059
左サイドアーマーにはビームソードが2基マウント。
こちらは取り外し可能ですが2基とも連結した造形になっています。

P7143054
ショルダーカバー、アームカバーパーツを引き上げた状態。

P7143060
肩はカバー以外はゴールドメッキ処理されてますね。
可動部はやっぱり擦れてメッキがハゲやすいので要注意。

P7143055
ショルダーカバーは上下にスライド可動します。
動きの幅が狭いのが少々残念な点かも。

P7143056
アームカバー部

P7143057
籠手アーマーはパーツを引き上げ、引き下げることで変形。

P7143058
籠手アーマー裏のメカ造形もしっかりと再現されております。

P7143063
内部シュートブースター。

P7143064
レッグカバーは上下に開閉します。

P7143065
内部メカディテール。

P7143066
アウトリガー

P7143068
こちらは上下に可動。

P7143069
つま先部

P7143070
前後にスライドし、つま先を伸ばした状態(スーパーモード)からつま先を縮めた状態(通常)にすることができます。

P7143085
コアランダーの分離ギミック。
シャイニングガンダムの背中から取り外しが可能。

P7143086
後ろから

P7143087
キャノピー部はクリアパーツ成形になっております。
変形は再現されていないので、上部の接続穴とシャイニングガンダムの背中を接続することで取り付けます。

P7143073
腕部可動。
肘は1軸関節により約90度の曲げ、肩と二の腕がロールします。

P7143079
脚部可動
膝は2軸の関節ですがあまり曲がらず、股と足首がジョイントになっています。

P7143075
頭部はボールジョイント接続。
腰の可動がないのでポージングの幅が狭く少々扱いづらいかも。

P7143078
やっぱり腰回りのアーマーがプラ製なのでMIAのような柔軟性がなく、動きが付けられないところが非常に残念です。
大きい分迫力があるんですが、全体的な可動に関してはMIAのほうが上ですね。

P7143082

P7143084

P7143089
付属品「ビームソード」

P7143090
刀身はシャイニングフィンガーソードを意識したクリアグリーンカラー。

P7143091
ビームソードは刀身が長い物と短い物の2種が付属しております。

P7143093

P7143097

P7143095

P7143098
付属品「シャイニングフィンガー」

P7143102
ハンドパーツの差し替えで再現。
右手のみの付属で色は塗装となっております。

P7143103
「俺のこの手が光って唸るぅ!お前を倒せと、輝き叫ぶ!!」

P7143105
「必殺!シャァイニングゥゥ!!フィンガァァァー!!」

P7143108
では、ノーマルモードにしてみましょう。
肩アーマー、籠手アーマー、下半身のパーツをそれぞれノーマルモード状態に戻します。

P7143110
こちらのフィギュアには頭部各部の可動可変ギミックが再現されておらず、なお差し替え用の頭部パーツも付属しておりません。

さて、どうやってノーマルモードに変形させるんでしょうか。


P7143111
コアランダーを取り外します。

P7143112
背中側をパカっと開き・・・

P7143113
内部収納されたパーツをくるっと回転。

P7143114
ノーマルモードの頭部とハイパーモードの頭部の位置を入れ替えます。

P7143115
背中側を元通りの位置に戻せば・・・・

P7143117
シャイニングガンダム スーパーモードの完成です。

P7143118
頭部造形。

P7143119
コアランダーを取り外す必要がありますが、一応本体はパーツ差し替え無しのモード再現になりますね。

P7143120
もちろん、この頭部入れ替えギミックは国内販売されている「モビルファイターシリーズ」のシャイニングガンダムにも採用されております。

P7143123
付属品「エンブレムシール」

P7143124
キングオブハートのエンブレムシールは好きなところに貼りましょう。

P7143125
MIAと一緒に並べてみました。

P7143126
こう見比べるとやっぱりメッキとゴールド塗装が豪華でいいですよね。

P7143127
ちなみにMIAは4.5インチになります。

P7143129
以上「7.5インチ モビルファイターシリーズ シャイニングガンダム ハイパーモード」レビューでした。



関連
MIA シャイニングガンダム(クリアカラーver.)
MIA シャイニングガンダム(BATTLE SCARRED)
MIA シャイニングガンダム
MIA シャイニングガンダム ハイパーモード
1/144 シャイニングガンダム ハイパーモードVer.
ヒューマブルモデル3 シャイニングガンダム
BB戦士132 シャイニングガンダム
元祖SDガンダム0037 シャイニングガンダム
SDアーカイブ シャイニングガンダム
7.5インチ モビルファイターシリーズ シャイニングガンダム ハイパーモード