P7290252
MOBILE SUIT IN ACTION!! ゴッドガンダム の紹介です。
価格1575円(日本版)

それでは、ガンダムファイト!レディーゴー!!
P7290254
パッケージ裏。
今回のレビューはアメリカで発売された「US版」となります。

P7290253
まず違いとして、商品名が ゴッドガンダム ではなく「BURNING GUNDAM(バーニングガンダム)」に変更されております。

P7290256
GF13-017NJII ゴッドガンダム

P7290257
後ろ姿。

P7290330
国内での発売は2002年8月。こちらはMIAの第二期シリーズの前半にリリースされたフィギュアとなります。
「機動武闘伝Gガンダム」シリーズはアニメに登場するMSがほぼ網羅されており、豊富でマニアックな商品ラインナップが今でも魅力の一つになっていると思います。

P7290260
ゴッドガンダムは ドモン・カッシュ が搭乗するネオジャパン代表モビルファイター 。
第24話で満身創痍となったシャイニングガンダムと入れ替わるように登場した最新鋭MFで、まるでスーパーロボットアニメのような劇的な乗り換えシーンが印象的でしたね。

P7290261
バストアップ
国内版との違いはスミ入れの有無と成型色の色合い。名前が変更された理由は宗教的な誤解を招かないようにという配慮だと言われています。

P7290262
頭部造形
PVC造形ながらもアニメ標準の顔つきがしっかり再現されています。

P7290263
頭部バルカンは細かな銃口部まで彩色済み。
ゴッドガンダムは玩具にしやすいデザインやギミックからたくさんの商品が発売されていますが、当時はやっぱりMIAが一番再現度が高かった気がします。

P7290264
頭部後ろ。

P7290267
ボディ。
塗装による色分けはほぼ完璧。

P7290266
はみ出しも少なくこの時代のMIAは下手したらガンダムOOなどの後期シリーズよりも高水準なクオリティで生産されてるんじゃないかと思います

P7290265
コアランダー部。
上部2つのスラスターはそれぞれボールジョイント接続になっており、多少ですが向きの調整が可能です。

P7290282
背部スタビライザーの展開
それぞれ別造形なので単体で可動します。

P7290271
腕部
デザインは左右対称。

P7290274
肩アーマー横のメカディテールまで再現されています。

P7290268
腰回り。
フロントアーマーが長いので足を動かした際に太ももと干渉してしまうんですが、軟質パーツ製なので柔軟なポージングをつけられるような工夫がされています。

P7290269
サイドアーマーにマウントされたビームソード基部
こちらは脱着可能。無くしやすいパーツなので要注意です。

P7290272
脚部。
スタイリッシュな体型。膝の三角マークの塗装もバッチリです。

P7290275
ふくらはぎ等はこのようなデザインに。

P7290276
脚部スラスターの展開ギミック。
パカッと開きます。MIAシャイニングガンダム同様で各部のギミック再現度が高いところが魅力的ですね。

P7290273


P7290277
足の裏の造形。

P7290280
首がボールジョイントで可動。
もちろん胴の部分でパーツが分割されているので腰部のロールが可能です。

P7290279
肩はダブルボールジョイントが採用されているため、肩を前後左右に動かせるようになっています。
肘は1軸関節で二の腕部分にロール軸が設けられています。

P7290283
膝は 2重関節 が採用されているんですが、フロントアーマー部と干渉してしまうので動きがかなり制限されてしまいます。
それでも太ももの上部分にはロールが設けられているので、Gガンシリーズの中ではよく動くほうですね。

P7290324
アクション!!

P7290326

P7290323
手の甲のアーマーやコアランダーがポロリと外れやすい所が少々難点・・・
シャイニングガンダムよりもパーツ数が多いのでその点が少し遊びにくくなっています。

P7290284
付属品「マシンキャノン(展開状態)」

P7290285
肩と頭部の間に位置するマシンキャノン部はパーツを差し替えることで砲身の展開が再現可能。
もちろん左右付属しております。

P7290327
バァァルカン!!
頭部のバルカンに加えボディの三連装砲。

P7290288
付属品「右平手」

P7290289
付属品「左平手」
左右で指の開き方が少し異なります。

P7290287
付属品「左右貫手」

P7290341
MIAマスターガンダムにも付属していた貫手パーツ。
まさにGガン独自のハンドパーツですよね。

P7290340
手刀!

P7290337
腕組。

P7290334
ちなみにリングコーナーはロボット魂の方で発売されております。

P7290339
ふん!ふん!ふん!ふん!!

P7290338
でぃあぁぁぁっ!!!

P7290291
コアランダーの分離ギミック。
背中から引き抜くことが可能です。

P7290292
キャノピー部を可動させることでコアランダー形態へ。
コクピット部までしっかりと塗装が施されております。

P7290293
後ろから。

P7290295
付属品「ビームソード」

P7290294
腰から基部を抜き取りビームエフェクトを差し込む感じで再現。
刀身はまるでBB戦士の武者ガンダムのような造形です。

P7290348

P7290349
ゴットスラッシュ!!

P7290344

P7290297
Gナックルのギミック。

P7290296
腕のプロテクターは一旦取り外して、接続位置を変えることで少し前に出すことが可能。
上部の爪は独立して可動します。

P7290298
胸部ギミック。

P7290300
胸部中央の装甲が展開して内部のエネルギーマルチプライヤーが露出。

P7290302
内部にはクリアパーツが使用されております。

P7290303
ゴッドガンダム(ハイパーモード)

P7290306
Gナックル部が差し替えになりますがハイパーモードへのチェンジがほぼ差し替え無しでここまで遊べる所が良いですよね。
価格とサイズを考えると本当にプレイバリューの高い商品です。

P7290308
付属品「ゴッドフィンガー用ハンドパーツ」

P7290311
もちろんクリアオレンジ成形。
特徴的な指の形状もちゃんと再現されています。

P7290312
付属品「ゴッドフィンガー用Gナックル」

P7290313
なんとプロテクター部まで動きの表情が付いたパーツが付属。
ゴッドフィンガー共に左右付属なので石破天驚拳もポージングもできそう。

P7290314
付属品「エネルギーフィールドエフェクト」

P7290316
ハイパーモード時に印象的な光の輪。
ここまで再現されているプラモ、フィギュアは今でもかなり少ないと思います。

P7290315
取り付け方コアランダーのフィンにエフェクトを引っ掛ける感じです。

P7290317
エネルギーフィールドはクリア成型のプラスチック製。
イエロー、オレンジ、レッドの配色は塗装で再現されています。

P7290342
ゴッドフィィィルドッ!!

P7290373
俺のこの手が真っ赤に燃える!勝利を掴めと轟き叫ぶ!!

P7290370
爆熱ッ!!

P7290372
ゴォォドフィンガァァァッ!!

P7290353
ヒィィィト・エンドッ!

P7290354
流派東方不敗!最終奥義!

P7290360
石 破 天 驚 拳 ! !

P7290362

P7290359
!!

P7290363

P7290365

P7290367
以上「MIA ゴッドガンダム 」レビューでした。





関連
MIA シャイニングガンダム
MIA ガンダムマックスター
MIA ドラゴンガンダム
MIA ガンダムローズ
MIA ボルトガンダム
MIA クーロンガンダム
MIA ガンダムシュピーゲル
MIA シャイニングガンダム ハイパーモード
MIA マスターガンダム ハイパーモード
MIA ゴッドガンダム