P7290374
NECAよりプレデター シリーズ16 スパイクドテイル・プレデターの紹介です。
(NECA Predator series16 Spiked Tail Predator 7" Scale Action Figures -)
発売日2016年11月末

P7290377
パッケージ裏

P7290378
スパイクドテイル・プレデター(Spiked Tail Predator)

P7290379
後ろ姿。

P7290434
こちらは1990年代にケナー社(Kenner)から発売されたオリジナル玩具を元にNECAが独自の解釈でリメイクした「クラシックケナー」シリーズ。
当時のデザインやギミックを現在の技術でブラッシュアップしたリブートフィギュアとなります。

P7290376
ちなみにシリーズ16のラインナップはゴースト・プレデターストーカー・プレデタースパイクドテイル・プレデターの3種。
コレクション性の高さからNECAでも人気シリーズなんですが過去の商品は一切再販されないので、中古品で出回らないとなかなか入手が困難です。

P7290380
スパイクドテイル!!
名前の由来は「突起のついた尻尾」でNECAの設定だとRogue Space Tribeのリーダーとしてロストプレデター、レーザーショットプレデターと同盟を結んでいます。

P7290387
頭部。
見ての通りこれまでのプレデターとはだいぶデザインが異なっており、大きな口はメカ的なマスクが覆われた状態で造形されています。

P7290383
マスク部は「シティハンタープレデター(バトルダメージ版)」の酸素マスクからの流用。
既存のパーツを使いながらもケナー独自のデザインを踏襲し、パーツをすり合わせている所が凄いですよね。

P7290392
横から見えうとマスクから伸びたパイプで背中側と繋がっています。

P7290386
額部分
頭部には2本の角が生えています。

P7290382
ちなみにマスクや所々のメカ部分はスパイクドテイルの生命維持装置としての役目を果たしています。
詳しい設定はよくわかりませんが、結構高齢なヤウチャだそうです。

P7290389
元の玩具では体の半分以上がメカ化されたまさにサイボーグのようなデザインでしたが、NECAでは機械化されたアーマーを着込んでいるように見えますね。

P7290406
ちなみにアーマーの一部はNECAのロストプレデターと同じパーツが使用されております。

P7290407
にしてもかなりゴツい!
プレデター離れした外見ですが、これでもケナーの元デザインよりはプレデターらしいアレンジになっているんですよね。

P7290409
腰回り
体色はクリーム色のような薄い色合い、メッシュの造形もありますね。ここもロストプレデターのパーツが使用されております

P7290414
リアアーマー

P7290410
太もも部アーマー。

P7290411
左右で少しデザインが異なります。

P7290415
肩部アーマー 基本的にアーマー部は軟質パーツが使用されており、柔軟な可動ができるよう考えられた設計になっているんですが・・・

P7290419
やっぱり、かなりパーツが干渉するので無理に動かして破損させないように注意してください。

P7290416
右腕部とガンドレッド

P7290417
右手は完全に機械化されています。
細かなメカディテールとカーキ色の塗装が非常にいい味を出しています。

P7290418
左腕とガンドレッド
ハンドパーツの付属がないのでハンド部はどちらも付け替えて遊ぶことができません。

P7290390
後ろ髪はまさにスパイクドテイルのアイデンティティ。
プレデター特有のドレッドヘアーは1本の髪へと編み込まれた造形になっています。

P7290391
そして先端部にはスパイクの造形。

P7290394
おそらく髪を尻尾のように振り回して武器として使用するんじゃないかと思います。
髪は一体成型なのでこれといった可動はありません。

P7290412
脚部
左右ともゴテゴテとしたメカアーマーでヒザ下から覆われたデザイン。

P7290413
足。
シリンダーのような造形が所々になりますね。

P7290396
背中に装備されたプラズマ・キャスター

P7290397
多くのプレデターが装備している自動制御プラズマ砲ですが、背中の取付基部から砲の形状まで通常のプレデターが使用しているものとは大きく異るデザインです。
まぁ見るからに「強そう」ですよね。

P7290398
プラズマ・キャスターのギミック。

P7290399
キャノンは一部スライドさせることで少し位置が高くなり、更に砲身を前方向に曲げることでプラズマ砲として使用可能となります。

P7290405
一連の可動はNECAが独自の解釈で付け加えた要素で元のケナーの玩具ではこの様なギミックはありません。

P7290490
プラズマ・キャスターは背中から取り外して左腕のガンドレッドと接続可能。

P7290494
高出力なアームキャノンになります。

P7290491
これは元の玩具をモチーフにリスペクトした要素。

P7290420
可動として首がボールジョイント。
初期頃の素体と比べるとかなりよく動くんですが、スパイクドテイルは後ろ髪や肩アーマーなどの部分が干渉しがちなので動きが制限されてしまいます。

P7290421
腕部は肩の上げ下げと開きに加えて、肘が二重関節で可動。
手首は通常のボールジョイント接続です。

P7290422
脚部は股の開きと膝が二重関節で可動。

P7290428
アクション!!

P7290432

P7290426

P7290430

P7290442

P7290435

P7290436

P7290444
付属品「マスク」

P7290446
もちろん元ネタであるケナーの玩具をモチーフにブラッシュアップされた造形。
スパイクドテイルは酸素マスクよりも上を覆う感じになりますね。

P7290454
マスクは脱着式。
パーツロックが甘いので少々取れやすい所が難点です。

P7290447
左右非対称なデザインで左側には標準器のような造形があります。

P7290452
目に当たる部分はライン形状のセンサーアイになっている感じでしょうか。

P7290456
マスクデザインが独特すぎて・・・装着したことで更にプレデター離れしたビジュアルになりましたね。

P7290488

P7290489

P7290464
マスク裏の造形。

P7290457
付属品「手裏剣」

P7290460
映画「エイリアンvsプレデター」でプレデター側が使用していたディスクに変わる投擲武器。
造形はAVPシリーズに付属していたものと同じだと思います。

P7290461
付け替え用のハンドパーツがないので左手にしかもたせられません。

P7290463

P7290462

P7290487
手裏剣は左肩に取付可能。

P7290484
元になったケナーの玩具と一緒に並べてみました。
プラズマ砲のパーツ配置など見事なリスペクト。

P7290486
後ろ姿。
飛ばして遊ぶディスクパーツが手裏剣に見立てられている所が特に良いアレンジだと思います。

P7290471
マスク部。
くり抜かれた目の部分は、覆うタイプのバイザーに変更。

P7290483
プラズマ砲はサイズダウンしてしまいましたが、ディテールを見るとびっくりするほどそのままですね。

P7290475
マスクオフ姿。

P7290480
額の部分がだいぶプレデターらしくなりましたね。
こうやって並べるとなんだか親子みたいで微笑ましい。

P7290465
以上「NECA スパイクドテイル・プレデター」レビューでした。



関連
NECA ファルコナー・プレデター
NECA ナイトストーム・プレデター
NECA スカベイジ・プレデター
NECA ストーカー・プレデター
NECA フジティブ・プレデター
NECA アーマード アサシン・プレデター
NECA エミッサリープレデター#1
NECA スパイクドテイル・プレデター