P8161757
マテルよりホットウィール アタックパック Mane Mauler の紹介です。
(Mattel Hot Wheels Attack Pack Mane Mauler )

まずはじめにこちらのは日本国内で販売された商品となります。

国内でリリースされたアタックパックは1996年10月に発売されたハッピーセットのおまけ(ハッピーミール)のみで、この様なベーシックタイプの商品は今まで未発売とされていたんですが・・・

P8161758
なんと!日本語のオリジナルラベルが付いた国内版を発見しました。
Mattelの玩具の中でもなかなかニッチな商品だけあって、アタックパックの国内展開は調べても情報がほぼない状態。
個人的な調査でもこのパッケージのアタックパックは初めて目にする物で、日本国内で流通があったという事実を証明する証拠にもなる貴重な物なんじゃないかと・・・私は思います。


では、どこれ売られていたのか。


流通ルートはどこなのか・・・・


それもパッケージ情報をヒントに確認することが出来ました。

P8161760
トイザらス!!(しかも安い)
昔からマテルの商品並びにホットウィールを扱っているので確かに取り扱いがあっても不思議ではないですね。
個人経営の輸入ショップ等での販売も当時はあったかもしれませんが、公式的に日本語ラベルが付いた商品が存在していた事に驚きです。


では再び、日本ローカライズ版の情報を確認してみましょう。

P8161758
大地を駆ける! “ガオーン“ ダイナミックビークルバトルだ!!

くるまがキバをむく

ジャングルフォース!

キミはジャングルエナジーを受け継ぐ戦士 “ガオーン“ になれるか?!


P8161759
こちらが正義の戦士であるサイボーグビークル「ガオーン」のイラストになります。

正義の戦士?サイボーグ?この口がついた車みたいなキャラは何?

日本語で書いてあってもアタックパックの世界観は掴みにくくなかなか理解に苦しみますね。イメージ的には「ビーストウォーズ」が近いんじゃないかと。。

P8161761
パッケージ裏。
表面に日本語のラベルシールが貼られているだけで、パッケージ、商品本体自体はアメリカで販売されていたものとおそらく同じだと思います。

P8161776
Mane Mauler

日本の玩具名では「ガオーン」ですが、メーン・マウラー(Mane Mauler)が本名。

P8161777
後ろ姿。

「ATTACK PACK(アタックパック)」はMATTELより1992年から1994年の間で発売されていた玩具で・・・
こう見えて「Hot Wheels(ホットウィール)」に属するシリーズ。

P8161778
横から
メーン・マウラーは1992年、1993年頃に発売されたアタックパックの「Growlers」と呼ばれるシリーズの一つで、基本的な口の開閉に加え「唸る」というギミックが大きなウリとなっています。
ギミックの方は後ほど確認してみましょう。

P8161780
正面から
見た目はトラをモチーフとした形状の4輪バギー。車と動物と人間が融合したとんでもない設定のキャラクターとなっています。

P8161782
上部。
フロント部の一部にはシルバーメッキパーツを使用。動物柄の模様はプリントによる処理になっています。

P8161779
タイヤ
もちろんタイヤはゴム製で転がし走行が可能。ホイールの造形がなかなかエグいですよね。

P8161818
ホイールの付け根とシャフトの間には隙間があり少しブカブカと遊びがある状態になっています。

P8161819
こちらはコロ走行させた際に左右への旋回等の動きがよりスムーズに動作すると行った効果があるかと思います。
タイヤは動物の足に見立てている節もあるので、少しアクション的な要素として位置が前後するんじゃないかと。

P8161783
尻尾。
アタックパックシリーズは基本的に尾がフック状になっているんですが、こちらは「Slime Inator」と一緒に遊ぶためのフックだと思われます。


CM参照。


P8161784
サイズはこんな感じ。
Hot Wheelsシリーズとしてみれば結構な大きさ。

P8161785
・・・・!?

P8161786
ガブッ。

P8161787
え・・・・。

P8161788
では、ギミックの紹介です。

P8161790
尾のフックに軽く指を乗せると。

P8161791
歯茎を剥き出しにし、唸り始めます。

P8161794
更に尻尾を押し込むことで口が大きく開閉。

P8161797
開くと同時に咆哮サウンドが鳴り響きます。



ギミックを動画で御覧ください。



歯茎をむき出しした際の唸りから咆哮と行ったサウンドの切り替わりが非常に面白いですね。


P8161799
口の中の造形。
奥側の下がスピーカーになっています。

P8161772
車体裏。
電池ボックスは下部で蓋はネジ止め式。

P8161774
電池はLR44を3つ使用。
かなり古い玩具なのでギミックが壊れていることが多く、特に電池ボックス部のサビや液漏れによる故障がネックです。

P8161767
こちらが説明書。

P8161769

P8161800
以前購入したザ・ダーククロウ(The Darkclaw)と一緒に。
サウンドギミック付きの玩具はなかなか市場に出回らず、特にパッケージ付きの状態がいい商品は本当に入手困難です。

P8161762
パッケージ記載のキャラ設定。

P8161763
世界観。

P8161766
ラインナップ。

P8161801
アタックパックで遊ぼう!

P8161803
ジャパリパークにて。

P8161805
サーバル「なにこれなにこれ?」
かばん「タイヤが付いているみたいですし、これもバスでしょうか?」

P8161806
!!?

P8161808
ぐぉぉぉぉぉ!!!!

P8161811
!!!?

P8161809
サーバル「しゃべったー!!!!」
かばん「た、たべないでください!!!!」

P8161812
ラッキーさん「ボクニマカセテ。」

P8161813
サーバル「え、えー!!」
かばん「ラッキーさん危ないよ!?」

P8161817
ジャパリまんをあげてみた。

P8161815
仲良くなりました。
アタックパックさんも人間でありフレンズなのであった。

P8161820
カズマァァァ!

P8161822
アハァァ!!

P8161770
以上「マテル アタックパック Mane Mauler」レビューでした。

関連
アタックパック ザ・ダーククロウ(The Darkclaw)
アタックパック バトルバード(Battle Bird)
ハッピーセット アタックパック スパイダーバギー
アタックパック メーン・マウラー(Mane Mauler)