P8312766
MOBILE SUIT IN ACTION!! ノーベルガンダム の紹介です。
価格1260円

それでは、ガンダムファイト!レディーゴー!!

P8312767
後ろ姿。

P8312773
GF13-050NSW ノーベルガンダム
発売日は2002年8月。こちらはMIAの第二期シリーズの前半にリリースされたフィギュアとなります。
「機動武闘伝Gガンダム」シリーズはアニメに登場するMSがほぼ網羅されており、豊富でマニアックな商品ラインナップが今でも魅力の一つになっていると思います。

P9012843
ノーベルガンダムは アレンビー・ビアズリー が搭乗するネオスウェーデン代表モビルファイター 。
名前の由来はスウェーデンで生まれた「ノーベル賞」がモチーフになっていると思われます。

P8312769
見た目はセーラー服美少女ガンダム。
機体デザインはカトキハジメ氏が「RX-78-2ガンダム ver.ka」を女性型のプロポーションにアレンジしたものと言わています。
・・・が、やっぱり胸元の大きなリボンや金髪の長い髪はセーラームーンを彷彿とさせますよね。

P8312771
MIAノーベルガンダムは他のGガンダムシリーズよりも一回り小さくに造形されております。
基本的にMIAはノンスケールモデルですがこのように並べた時の体格差が再現されている所がいいですね。強いこだわりを感じます。

P9012826
ちなみに武装神姫 MMS 3rd small素体と並べてもこのサイズ感。

P8312776
頭部。
サイズ故に造形の再現度に少々厳しい所がありますが、塗装面では頬の髪までしっかりと色分けされており非常に細かな彩色になっていると思います。

P8312774
ちなみにこちらは国内版。
一部のディテールのみグレーでスミ入れが施されております。見たところあまりくどい感じはありませんね。

P8312777
うしろ髪は金髪ロングヘアー
成型色ですがイメージ通りの非常に綺麗な色合いです。

P8312778
髪の内側は濃い目のシルバーで塗装されており、少しキラキラとした粒子が入ってます。

P8312781
ボディ
大きなリボンの下には胸の膨らみが・・・!ウエストの細さも女性型ならではと言った感じです。

P8312790
腕部
左右対称のデザイン。肘は壊れそうなくらい細い関節パーツで構成されています。

P8312783
腰回り。
まるでミニスカートのような腰回りのアーマー作り。

P8312784
脚部
細身でスマート。腰アーマーが短いのでより足が長く見えますね。

P8312791
太腿の造形もかなり特徴的。
後ろ股はロボットながらも人間的な反りが付けられております。

P8312785

赤いハイヒールがデザイン。

P8312787
足裏の造形。

P8312792
首はボールジョイントで可動。
パーツ面積が広いうしろ髪とボディが干渉するためあまり動かすことが出来ません。
胴体も造形上少し捻る程度しかできませんね。

P9012793
腕は肩からのジョイントによる可動、二の腕にはロールが設けられています。
通常のMIAとは違う細めの関節ですが、肘は1軸関節が採用されており大体90度ほど曲げることが出来ます。

P9012795
膝は二重関節で太腿裏と膝裏の造形からかなりキレイなスタイリングで曲げることが可能。
足首はボールジョイントになっています。

P9012796
うしろ髪パーツの重さと接地が悪いハイヒール形状の足パーツの影響で、バランスが悪くスタンドかなにかで少し支えないとうまく遊べません。
重心と接地面の狭さが難点です。

P9012847
アクション!!

P9012830

P9012845
造形やプロポーション含めて女性らしさが全面に出たMIA。
Gガンダムの後半に登場したモビルファイターは見た目どころかそのギミックも個性的。

P9012846
ギミック再現とデザイン性をどうやって玩具へと反映させ落とし込んでいくか
それを考えるとMIAシリーズとしての新しい試みとその努力が大きく感じられますね。

P9012797
付属品「左右貫手」

P9012798
ゴッドガンダムやマスターガンダムにも付属しているGガンシリーズ独自の貫手ハンドパーツ。
手首等に角度が付けられないので少々使いづらいんですが、女の子らしいポージングを取らせることが出来ます。

P9012799
付属品「ビームリボン(短)」

P9012800
リボン部はクリアピンク成形。
柄の部分に差し込むことで再現。

P9012848
握り手のハンドパーツは右のみの付属となります。

P9012850
本機に搭載された近・中距離用のビーム武装。
鞭の様にビームの形状が変化する他、出力を調整する事でビームサーベルとしての使用も可能。

P9012801
付属品「ビームリボン(長)」

P9012809
こちらは渦が巻かれた状態のビームリボン。
フィギュアを中央に配置することで、リボン競技の技のように機体周囲をリボンで覆った状態になります。

P9012803
リボンは完全に渦の状態で個体されている為、ピンと伸ばしたり、自由に動きを付けたりといった事は出来ません。
でもリボンを最大まで伸ばすと・・・なんと70センチを超える長さになります。

P9012805
アクション!!

P9012806
フィギュアサイズは小さめですが付属する武器はなかなかのボリューム!
リボンにも立体感があっていいですよね。

P9012810
ノーベルガンダム(バーサーカーモード)

P9012811
後ろ姿

P9012813
頭部の後ろ髪パーツを取り外して、バーサーカーモード用パーツに差し替えることで再現。
髪が9本に広がった状態になるため非常にボリュームがあります。

P9012812
髪の裏側。
付け根部分のメカ造形までしっかりと再現されてますね。

P9012816
バーサーカーシステムは外部からパイロットを強制的にコントロールし暴走させるシステム。
発動時は髪の毛状の放熱フィンが展開し機体がピンクに光り輝きます。

P9012819
背面のブースター パーツを差し替える事で再現。
たしかHGシリーズのプラモデルでは再現されてなかったと思います。

P9012817
発動時はパイロットの意識は完全に外部からコントロールされた状態となるが性能が一時的とはいえ、機動性、攻撃力共に飛躍的に向上。
このシステムによってボルトガンダムを48秒で破る成績を残しています。

P9012820
ただでさえフィギュアのバランスが悪いのに、この広がった髪パーツを取り付けるともう自立はかなり厳しい状態になりますね。

P9012851

P9012821
付属品「サポートベンチ指揮車」

P9012822
後ろから

P9012825
各国が使用するセコンド車両。
車輪もアームも無可動ですが、おそらく立体化は現在こちらのMIAのみじゃないかと思われます。

P9012823
車両部。

P9012824
椅子や階段などが見てわかるような造形。

P9012871
車両下までかなり細かな作りになっています。

P9012852
クレーンの上にはパイロットを強制的にコントロールする誘導装置。

P9012853
もちろんガンダムファイト国際条約で使用が認められていない違法なシステムです。


P9012855
アレンビー「こんなんじゃ終われない・・・」

P9012854
ドモン「やっと、元のお前に戻ったな。」
アレンビー「ごめん・・・せっかくのファイトだったのに」


ドモン「いや、これからだ。」


P9012857
ドモン「勝負!」
アレンビー「勝負!」

P9012856
ドモン「俺のこの手が真っ赤に燃える!」
アレンビー「私のこの手が真っ赤に燃える!」

P9012858
アレンビー「勝利をつかめと!」

P9012859
ドモン「轟き叫ぶ!」

P9012860
!!!

P9012862
ドモン「アレンビィィ!」
アレンビー「ドモォォン!」

P9012863

P9012864

P9012867
ドモン「大丈夫か、アレンビー」

P9012868
アレンビー「うん。でも、私とっても疲れちゃった。だから少し眠らせて・・・・」
ドモン「ああ、ゆっくりとお休み。」


アレンビー「ありがとう。」
P9012866


P9012832
ぐへへへ・・・・

P9012833
おぉ?

P9012834
いい体してるじゃん、ぐへへ・・・

P9012835
やめて、お願いだから乱暴しないで・・・ッ

P9012838
乱暴しないでーーー!!!

P9012837
乱暴しないでっ!!

P9012839
デンジャラスノーベルガンダム!!

P9012828
島風とノーベルガンダムの邂逅

P9012829
おうっ!


おまけ

P9012875
車両設定画

P9012876
高機動ノーベルガンダム

P9012840
以上「MIA ノーベルガンダム」レビューでした。



関連
MIA ガンダムシュピーゲル
MIA ゴッドガンダム
MIA ゼウスガンダム
MIA コブラガンダム
MIA マンダラガンダム
MIA マーメイドガンダム
MIA ノーベルガンダム