P9083221
MG 1/100 ガンダムF90用 ミッションパック Eタイプ&Sタイプ の紹介です。
価格2200円 発売日 2019年11月

F90 A to Z PROJECT!
P9083225
こちらはプレミアムバンダイ「ホビーオンラインショップ」より発売された受注限定商品。
MGガンダムF90に装着可能なミッションパックのみのセット販売となっております。

P9073053
ホイルシール
MGガンダムF90本体と比べると色分けは少々大雑把。ホイルシールでのフォローがだいぶ多めです。

P9073054
水転写式デカール
水転写デカールは説明書の表記で使用しないオリジナルマーキングが含まれており、好みで貼り付けられるようになっています。

P9073055
リード線とワニスチューブ
MGガンダムF90にも付属していましたが、今回はエネルギーチューブとして使用します。

P9153357
説明書。
組立図のみの簡単な仕様。カラーじゃないので塗装する際はプレバンページ等で色などを確認しましょう。 


では、装備。

P9153361
ガンダムF90 Sタイプ

P9153362
後ろ姿

P9153364
長距離支援仕様のサポートタイプ。
遠距離用レールキャノンなどの支援兵器、長射程用の複合照準器を装備。
Sタイプのオプション運用データを基にGキャノンの初期モデルが開発されることになります。

P9153379
Sタイプは当時発売された「1/100ガンダムF-90 増装ウェポンセット」の方でキット化されているので、馴染み深いところがありますよね。

P9153363
こちらはホイルシールを貼ってスミ入れを施した状態。
ミサイルやダクトの色分けがイマイチですが基本的にシールのみですべて補えるようになっています。

P9153377
ハードポイント1
こちらはカバーを取り外した状態で上部には追加スラスターユニット(?)が配置されます。

P9153368
ハードポイント2「腕部ユニット」
二連装ミサイルポッドとガトリング式の4連ビーム砲が装備された複合化ユニット。
内側のカバーを開き、F90の腕を内蔵します。

P9153381
二連装ミサイルの部分はシールでの色分け。
湾曲面なのでシールだと綺麗に貼れずどうしてもシワができてしまうので、この部分は塗装したほうが見栄えがいいかと思います。

P9153371
腕部ユニットと腰のエネルギーパックをつなぐエネルギーケーブル。
ワニスチューブによるリアルな再現。内部にはリード線が内蔵されているので形を変えることが出来ます。

P9153383
腕部ハードポイントだけではエネルギー供給が足りないため、サイドアーマー部と腕部ユニットをケーブルでつなぐことでエネルギーを補う必要があるみたいです。

P9153369
ハードポイント3「複合照準器」
フロントスカートに増設された長距離照準用のセンサー群。センサーはすべてシールになります。

P9153372
ハードポイント5「クルージングミサイル」

P9153385
足部カバーを外して取り付け。
敵の形態情報を認識し誘導するホーミング系のミサイルです。

P9153386
こちらは接続部からの回転とウイングの展開が再現されています。

P9153373
ハードポイント6「バックパック」

P9153376
両肩に装備されたメガビームキャノン。

P9153380
こちらは砲身がそれぞれ上下可動します。

P9153375
ウェポンラック「支持ジャッキ」

P9153387
砲撃する際の反動を軽減させるために装備されたオプション。
支援ジャッキは接続部で上下に可動します。

P9153388
支援ジャッキの伸縮は付属の差し替えパーツを使用することで再現されております。

P9153394
アクション!!

P9153395
F90のシンプルな見た目からミッションパックを装備させることでパワーアップ!
組み換え要素が実におもちゃ的で、リアルガンダムながらもビジュアル含めて子供心にぐっと刺さる要素がたくさんありますよね。

P9153397
特にロングレンジな砲身とガトリングアームにはロマンを感じます。

P9153396

P9153400
パーツが取れやすいといった問題もなく非常に遊びやすいと思います。

P9153399
ただ、基本的にパーツの差し替えになるので・・・
今後遊び続けているとF90本体側の関節がすり減ったり、各部がヘタレてきそうで怖いかも。

P9153401

P9153402

P9153404

P9153406
ガンダムF90 Eタイプ

P9153407
後ろ姿。

P9153408
電子戦に優れたエレクトロニック・タイプ。
友軍の主力部隊に先行し敵軍の情報収集を行うタイプで、背部にレドーム、両肩と腰部背面に電子戦用装備をマウント。
そして電子妨害用のジャミング・ライフルを携行。

P9153405
こちらのEタイプはMGシリーズにより立ち上げられた新企画「F90 A to Z PROJECT」にて、新規に書き起こされたミッションパック。
初出は1991年2月が発行された「機動戦士ガンダム MS大図鑑」ですが、こちらの設定画とはビジュアルが異なります。

P9153409
ハードポイント1「電子戦用装備」
肩パーツはガンダムF90VタイプやガンダムF91のようなフィンが付いたセンサーユニットになっている様子。
センサー部はシールになります。

P9153410
ハードポイント3
モノアイ付きのカメラユニット。センチネル系でよく見るタイプ。

P9153411
ハードポイント6「背部レドーム」
サイドの赤い部分はシールでの色分けです。

P9153413
レドームはバックパックからアームを介して接続。
アームはフレキシブルに可動します。

P9153418
レドームは背中から、このように機体上部へと展開可能。

P9153412
ウェポンラック
詳しい設定はわかりませんが、こちらもフィン状のスタビライザーでしょうか・・・接続基部から上下に可動します。

P9153415
武器「ジャミング・ライフル」
側面の青いセンサー部はシールになります。

P9153422
アクション!!

P9153423
つい最近追加されたミッションパックなので細かな設定は今の所あまりない様子。
再デザインされた装備は新連載のマンガの方で登場しそうですね。

P9153428

P9153426

P9153425

P9153427

P9153424

P9153431

P9153432
ミッションパック2つ載せ。

P9153433
現在はEタイプ、Sタイプのみですが、今後ミッションパックが増えてきたらオリジナルの付け替え遊びでも楽しめそう。

P9153434
以上「MGガンダムF90用 ミッションパック Eタイプ/Sタイプ」レビューでした。



関連
MG ガンダムF90
MG ガンダムF90用 ミッションパック Eタイプ/Sタイプ