PA064499
MOBILE SUIT IN ACTION!! ガンダムマックスター ハイパーモード の紹介です。

それでは、ガンダムファイト!レディーゴー!!
PA064500
パッケージ裏

PA064502
GF13-006NA ガンダムマックスター(ハイパーモード)

PA064503
後ろ姿。

PA064579
こちらは国内では発売されなかったUS版MIAの1つ。
「MIA ガンダムマックスター」のカラバリになるため造形面での変更点はありませんが、全身ゴールドカラーに塗装された特別感溢れる仕上がりなっております。

PA064529
ガンダムマックスターは チボデー・クロケット が搭乗するネオアメリカ代表モビルファイター 。
ボクシング、アメフト、ガンマンなどアメリカ要素がふんだんに盛り込まれた機体デザインとなっております。

PA064506
ハイパーモード!
チボデーの精神が明鏡止水の境地に達したとき、パイロットの影響を受けて機体が輝き能力を上昇させるといった現象。
玩具やプラモデルでは「ゴールドカラー = ハイパーモード」といった解釈で商品名になっている事が多いようです。

PA064509
頭部デザイン。
アメフトのヘルメットがモチーフ。PVC成形ながらもパーツが細いフェイスガード部分まで再現されています。

PA064510
口、ツインアイ、頭部センサーなど色分けが再現。
ゴールドカラーは場所によって少々色ムラがあるんですが、基本的に全塗装になっています。

PA064511
頭部後ろ。

PA064513
おそらく元の成型色は濃いイエローだと思われます。
PVC素材の上からの塗装なので退色などの経年劣化が心配になりますが現時点でも十分綺麗です。

PA064512
コアランダー部。
上部スラスターは別造形で少し可動します。

PA064514
肩はアメフトのプロテクターを思わせるガッチリとしたアーマー。
他のガンダムよりもマッシブでガタイがよく見えますね

PA064515
脚部。
よく見ると2色のゴールドカラーで色分けされています。脚部は少々塗装が甘めで成型色の部分が見え隠れ。

PA064516
ふくらはぎ等はこのようなデザインになっております。

PA064517
足裏の造形。

PA064520
可動は首と胴のロール。
腰回りがスッキリしているので、シャイニングガンダムよりも動かしやすく可動範囲が少し広くなっています。

PA064521
腕は肩からのジョイントによる可動、二の腕にはロールが設けられています。
肘は1重関節で90度ほど曲げることが可能です。

PA064522
膝は1重関節で90度ほど曲げ可能。
足首はボールジョイントですがあまり動きません。

PA064575
アクション!!

PA064574

PA064577

PA064535
ギガンティックマグナム

PA064536
こちらは拳銃のグリップを握る専用のハンドパーツが付属しているのでしっかりと保持することが出来ます。

PA064537
ギガンティックマグナムは腰に装着する際の折りたたみのギミックが再現。
少々グリップパーツが外れやすい所に難があるかも。

PA064585
公式のガンダムファイトにおいてはほとんど使われない拳銃。
腰に携帯している所がまたガンマンっぽいですね。

PA064584

PA064583

PA064524
ファイティングナックル

PA064523
腕部に収納された状態からパーツを引き出すことで展開。
位置取りが上手く出来ず拳にフィットする感じではありませんが、ギミックが差し替え無しで再現されている所が大きなポイント。

PA064526

PA064582
ファイティングナックルはマニピュレーターを保護するプロテクター。

PA064580
展開した状態で戦うことが推奨されていますが、チボデーはあまり使用せず直接マニピュレーターで殴りかかることが多いような気がします。

PA064581

PA064538
シールド

PA064540
シールド中央のグリーンの配色もメタリック調になっています。
マックスター本体よりもゴールドの発色がいいような・・・

PA064539
裏面にはグリップがありこちらで保持します。
またグリップは内側に収納可能。

PA064590
本編ではあまり使われてるイメージがありませんが、プラモデルや玩具だとよく付属しているシールド。

PA064587
主に移動用トランスポーターとして使用しています。

PA064589

PA064530
コアランダーの分離ギミック。
背中から引き抜くことが可能。

PA064533
キャノピー部を下ろしてコアランダー形態へ。
50~60年代のアメ車をイメージしたかのようなデザインです。

PA064534
後ろから

PA064549
ボクサーモードへの変形。
肩アーマーは腕に取り付け、胸部は付属の「ボクサーモード用胸パーツ」と差し替えます。

PA064552
ボクサーモード
チボデーの得意なボクシングのスタイルを最大限に活かすための変形機構で、防御力を犠牲にフットワークを向上させることが可能。

PA064553
グラブ
肩部装甲の強度に加えて巨大バーニアの推力を加算することで相手に大きなダメージを与える。

PA064554
クラブの接続はただハンドパーツ部に嵌め込んでいるだけなので保持力が弱く、少々遊びにくいかも。

PA064571
アクション!!

PA064569

PA064573

PA064565
「さあ、一緒に行こうぜぇ!シャリー、キャス、ジャネット、バニー 俺たちの夢を、この一撃で掴むんだ!」

PA064564
「豪熱マシンガン!」

PA064562
「パァァンチ!!」

PA064563

PA064568

PA064541
MIA ガンダムマックスターと比較。
ハイパーモードの方がディテールがはっきり見えますね。

PA064542
後ろから。

PA064543
コアランダー比較

PA064548
シールド比較。

PA064560
ボクサーモード比較。

PA064561
以上「MIA ガンダムマックスター ハイパーモード」レビューでした。



関連
MIA ガンダムマックスター
MIA シャイニングガンダム ハイパーモード
MIA マスターガンダム ハイパーモード
MIA ネロスガンダム(ダークバージョン)
MIA ジョンブルガンダム(ダークバージョン)
MIA ガンダムマックスター ハイパーモード