PB046176
バンダイより、ベビーゴジラ2 テイルアタッカー の紹介です。
(Trendmasters Godzilla Tail Thrasher Baby Godzilla Action Figure)
1998年 価格1600円
PB046177
パッケージ裏。
国内での販売はバンダイですが、製造元はアメリカのトレンドマスター社(TRENDMASTERS)
パッケージは国内用に作り直されたものとなっております。

PB046180
ベビーゴジラ2 テイルアタッカー

PB046181
後ろ姿

PB046190
こちらは1998年にハリウッド映画化された 「GODZILLA」の玩具シリーズ。
ベビーゴジラは・・・・

「クロースラッシャー」
「テイルアタッカー」
「スキンダメージ」
「レイザーファング」
「ハンマーフット」

の5種類がリリースされておりそれぞれボディの配色と内蔵ギミックで差別化されております。

PB046191
で、このベビーゴジラはナンバー2に当たる「テイルアタッカー」
名前から察するにしっぽに何かしらの仕掛けがあるかと思いますが、一体どんなギミック何でしょうか。

PB046182
頭部。
ゴツゴツとした体つきやシワの造形などリアルな作りになってますが、ゴジラと言うよりもやっぱり恐竜のイメージが強め。

PB046184
口は中にはちゃんと舌の造形があります。
ボディの質感とは違ってちょっとテカリがあるところが無駄にリアルで面白いですね。

PB046185
皮膚はライトブラウンカラーを基調とした色合い。
背中のメタリックパープル塗装も非常に綺麗です。

PB046186
前腕。

PB046187
足。
ボディはプラスチックですが、手足はPVC成形です。

PB046189
しっぽ
ギミックが仕込まれているんですが、こちらは軟質素材になっております。

PB046188
可動として前腕、後ろ足の付け根がロールします。
口は固定なので開閉ギミックがありません。

PB046196
アクション!

PB046197
アーキテクトと一緒に。

PB046198
玩具サイズは15.5センチほど。

ではギミックの紹介。

PB046178
まずはパッケージの説明図を御覧ください。
「しっぽを引いて放すとしっぽが戻る」といったアクションになるんですが・・・果たして。

PB046192
しっぽを見たところ、スプリングや根本にスイングしそうなジョイントがあるといった感じではないですね。
では、触ってみましょう。

PB046193
しっぽピーーーン!

PB046195
どうやら内部に針金が内蔵された「ベンダブルギミック」になっているみたいです。
曲げるとゆっくりと戻るような感じなので、説明図でのイメージとはちょっと印象が違いますね・・・。

PB046199
以前紹介したベビーゴジラ達と並べて。

PB046201
基本的に造形は同じですがボディカラーとギミックが異なります。
今回はベビーゴジラ5のハンマーフットよりも若干色が薄めのカラーリングです。

PB046179
以上「バンダイ ベビーゴジラ2 テイルアタッカー」レビューでした。


おまけ。


海外版CM



関連
バンダイ ブラストゴジラ1 ヘリコプターセット
ReSaurus GODZILLAフィンガーパペット
バンダイ ベビーゴジラ4 レイザーファング
バンダイ ベビーゴジラ5 ハンマーフット
バンダイ ベビーゴジラ2 テイルアタッカー