PB106548
バンダイより ベビーゴジラ3 ダメージスキン の紹介です。
(Trendmasters Godzilla Baby Godzilla Baby X Action Figure)
1998年 価格1600円
PB106549
パッケージ裏。
国内での販売はバンダイですが、製造元はアメリカのトレンドマスター社(TRENDMASTERS)製。
パッケージは国内用に作り直されたものとなっております。

PB106552
ベビーゴジラ3 ダメージスキン

PB106553
後ろ姿。

PB106557
こちらは1998年にハリウッド映画化された 「GODZILLA」の玩具シリーズ。
ベビーゴジラは・・・・

「クロースラッシャー」
「テイルアタッカー」
「スキンダメージ」
「レイザーファング」
「ハンマーフット」


の5種類がリリースされておりそれぞれボディの配色と内蔵ギミックで差別化されております。

PB106556
で、このベビーゴジラはナンバー3に当たる「ダメージスキン」
海外版では、Baby Xという名称になっているんですが・・・一体どんなギミックが仕込まれているんでしょうか。

PB106558
頭部。
ベビーながらもたくましい体格、造形としては劇中再現度が高く非常に良くできていると思います。

PB106554
皮膚はブラウンを基調とした色合い。
背中は濃いパープルになっており、劇中のベビーゴジラよりも少々恐竜っぽい雰囲気がありますね。

PB106559
前腕。

PB106560
後ろ足

PB106555
尻尾
ボディはプラスチックですが、手足と尻尾はPVC成形です。

PB106561
可動として前腕と左足が付け根からロールします。

PB106563
口は固定なので開閉ギミックがありません。

PB106564
武装神姫と一緒に。

PB106565
サイズは15.5センチほど。
手に馴染む結構手頃な大きさだと思います。


ではギミックの紹介です。

PB106582
ボディには分割線があり・・・

PB106583
皮膚パーツを取り外すことで肋骨が露出します。

PB106584
えぐれた皮膚が痛々しい・・・。

PB106585
ジュラシックパークのアメトイにもこの手のダメージ系のギミックがありますよね。

PB106550
パッケージのギミック解説。

PB106569
以前紹介したベビーゴジラと並べて。

PB106568
カラーはベビーゴジラ5のハンマーフットに近いんですが、目とペイント具合が他のベビーとは違いますね。

PB106570

PB106573

PB106575

PB106581
っといことで、ベビーゴジラシリーズ全種集合!!

PB106587
このタイプはこちらの5種なんですが、ほかにもタマゴから飛び出すギミックが内蔵されたベビーゴジラ玩具シリーズもあります。

PB106551
以上「バンダイ ベビーゴジラ3 ダメージスキン」レビューでした。 おまけ。


海外版CM



関連
NECA シン・ゴジラ
バンプレスト スタンディングフリクション ガメラ
バンダイ ゴジラエッグ モスラ
バンダイ シン・ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016(第二形態)
バンダイ シン・ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016(第三形態)
バンダイ ちびっとシンゴジラ (第2形態)
GODZILLAフィンガーパペット プレイメイツ プライマルレイジ ディアブロ
バンダイ ベビーゴジラ4 レイザーファング
バンダイ ベビーゴジラ5 ハンマーフット
バンダイ ベビーゴジラ2 テイルアタッカー
バンダイ ベビーゴジラ1 クロースラッシャー
バンダイ ベビーゴジラ3 ダメージスキン