PB238444
MOBILE SUIT IN ACTION!! シャイニングガンダム (BATTLE SCARRED) の紹介です。

それでは、ガンダムファイト!レディーゴー!!
PB238447
パッケージ裏

PB248449
GF13-017NJ シャイニングガンダム

PB248450
後ろ姿

PB248452
こちらはUSバンダイのみで発売された「BATTLE SCARRED」シリーズでボディには汚し塗装とダメージ処理のディテールが新たに追加されております。
国内では「ファイナルデュエルセット」としてゴッド、シャイニングガンダムのみがリリースされましたが、塗装の仕様が大きく異なります。

PB248453
本作品の主人公である ドモン・カッシュ が搭乗するネオジャパン代表モビルファイター 。
機動性を重視して設計し攻守に優れた機体であり、ドモンが繰り出す流派東方不敗の技の数々を遺憾なく再現する性能を備えています。

PB248454
本体のベースはUS版の「MIAシャイニングガンダム」
ほぼ全身にダメージを表現した造形があるので、通常版とは異なるパーツが多く使用されています。

PC309061
頭部。
ツインアイやセンサー部はグリーン、アンテナはイエロー、口に当たる部分はレッドで塗装済み。

PC309063
頭部のフィールドリダクションフィン、リトラクタブルダクトは別パーツ構成でPVCパーツの成型色による色分けです。
ツインアンテナの曲がり具合が実に痛々しい。

PC309064
頭部後ろ。
左側のフィンはあえてパーツが外れた状態になってますね。

PC309051
ボディ。
腹部には大胆にもマスターガンダムの右腕がぶっ刺さった状態に。
めくれ上がった装甲など、ダメージ表現がかなり凝ってます。

PC309053
もはややり過ぎくらいのしつこい汚し塗装。
通常発売されているMIAよりも遥かに塗装工程が多そうですし、明らかに手間がかかってますよね、これ。

PB248476
コアランダー部
こちらは貫通したマスターガンダムの手刀が突き出した状態です。

PB248475
本当に腕が貫通しているわけではないんですが、ちゃんと貫通して見えるようなパーツ配置になっています。

PB248467
腰回り
左サイドアーマーにはビームソードが2基マウントされており、こちらは取り外し可能です。

PC309055
腕部
ショルダーカバー部にはだいぶ深く傷が付けられています。

PC309060
籠手アーマー。
壮絶な殴り合いを想像させる破損部。後部のブースターが露出してますね。

PC309056
肩の内部ジェネレーター少し剥きだしに。

PC309059
腰アーマー。
膝上に内部ディテールが追加。

PC309054
脚部
フロントアーマーと膝上に内部ディテールが追加。

PC309072
リアアーマー部。

PC309058
右側は膝下部が激しく破損しております。
レックカバーは内部のブースターが見えてしまっている状態に。

PC309073
膝裏、ふくらはぎ等はこのようなデザインになっております。

PC309074
足裏の造形。

PC309075
首がボールジョイントで可動。
胴の部分でパーツが分割されているので腰部のロールが可能なんですが、可動幅が狭くあまり動かすことが出来ません。

PC309076
腕は肩からのジョイントによる可動、二の腕にはロールが設けられています。
肘は1軸関節で90度ほど曲げることが可能です。

PC309077
膝も1軸関節で約90度ほど曲げられます。

PB248486
コアランダーの分離ギミック。
こんな状態ですがしっかりと背中から引き抜くことが可能です。
マスターガンダムの貫手パーツはシャイニングガンダム側に残る形になりますね。

PB248488
貫手パーツも取り外し可能。

PB248485
腹部を見ると接続穴があります。

PC309065
胴体から取り除いたマスターガンダムの貫手パーツ。

PC309066
キャノピーを可動させることでコアランダー形態へ。

PC309069
後ろから

PC309070
下部は痛々しいダメージ跡・・・

PC309071
ポッカリと空いた穴にマスターガンダムの貫手パーツを取りつけることが可能。
キャノピー部ギリギリでまさに間一髪。

PB248459
アクション!!

PB248479
ちなみにこちらはアニメ本編で非常に印象深かった第24話「新たなる輝き! ゴッドガンダム誕生」のワンシーンを再現したMIA。
ギアナ高地でマスターガンダムに胴体貫かれるシャイニングガンダム、そして引き継がれる新たなガンダムの登場と、まさにGガン屈指の名シーン。

PB248483
朽ちた姿も絵になりますね。
濃いスミ入れが気になりますが、逆に劇画っぽ雰囲気になるので、Gガンシリーズにとっては結構効果的なのかもしれませんね。

PC309080
付属品「ビームソード」

PC309078
ビームエフェクト部はクリアパーツ成型で通常のガンダム系よりも刃が太めになっています。

PB248495
ビームソードは刀身が長い物と短い物の2種が付属。
もちろん武器を握らせる為のハンドパーツが左右付属します。

PB248496
アクション!!

PC309082
シャイニングガンダム(スーパーモード)

PB248512
付属品「スーパーモード再現用ヘッドパーツ」
フィールドリダクションフィン、リトラクタブルダクト、フェイスカバーが開いた状態の頭部。

PC309083
可変ではなく頭部をまるごと取り外しスーパーモード時のヘッドと差し替えます。

PB248513
ショルダーカバーは破損状態ですがちゃんとスライド開閉可能。

PB248514
アームカバー部
籠手アーマーはパーツを引き上げ、引き下げることで変形を再現。

PC309084
脚部ギミック。
レッグカバーを開放しシュートブースターが展開。

PC309085
アウトリガーは上下に可動。
つま先部はパーツが前後にスライドし、縮めた状態(通常)から伸ばした状態(スーパーモード)に位置を変えることが出来ます。

PB248518
付属品「シャイニングフィンガー」

PB248521
ハンドパーツの挿げ替えで再現。
右手のみしか付属していませんが、綺麗なクリアグリーンカラー成形となっております。

PB248520
ダメージバージョンでもちゃんと本来のMIAとして遊べるところが面白いですよね。

PC309086
付属品「ジオラマ台座」

PC309087
こちらは各BATTLE SCARREDに付属するジオラマ。
それぞれアニメのシーンをモチーフとしたシュチエーションとなっております。

PC309088
破壊されたガンダムヘッド。

PC309089
頭部アップ 今でも立体化が少ないガンダムヘッドがこんなところに・・・
これもMIAシリーズとして発売されてほしかったですね。

PC309090
ちなみに岩肌とガンダムヘッドの首はプラ製、顔面はPVC成形です。

PC309091
残念ながらガンダムヘッドの分割は出来ませんでした。

PC309092

PC309093

PB248497
「ふん…さっきは言いおったな!いいたい事があるならはっきり言えと!ならば言ってやろう!!」

PB248498
「そう、だからお前は ア ホ な の だ ぁ !!」 

「さらばだドモン!」

PB248500
「なに!?まさか、コアランダーのエネルギーでプログラムしおったのか・・・」

PB248499
「や、奴は、ワシの次の手を読んでおったのか!!」

PB248502
ドモン「シャイニングガンダム・・・」

PB248501
ドモン「でも今は!」

PB248503
諦めないでドモン!ネオホンコンで、みんなが待ってるわ!

お願い! あなたの大切な人たちが待ってるの! 

私もあなたを今ほど大切に思った事は無いわ・・・


PB248504
ドモン「レイン・・・レィィィン!!」

PB248506

PB248507
新 た な る 輝 き ! ゴ ッ ド ガ ン ダ ム 誕 生 !

3951e964-s
シャイニングガンダム(バトルダメージver.)と比較。

678bc9d5-s
こちらは国内で発売されたMIAなんですが・・・
同じ造形なのにUS版の方が情報量が多く見えますね。

b7ba0937-s
後ろから。
汚しの違いでかなり雰囲気がかわりますね・・・

PB248531
US版と比較。

PB248533
コアランダー。

PB248535
各シャイニングガンダムの比較。

PB248536
国内版、バトルダメージver.、US版、ハイパーモード 、BATTLE SCARREDver.、クリアカラーver.と・・・

2d99c78a-s
よくシャイニングガンダムだけでここまでのバリエーション展開ができたなーっと関心しかありません。

PB248529
以上「MIA シャイニングガンダム (BATTLE SCARRED)」レビューでした



関連
MIA ガンダムローズ BATTLE SCARRED
MIA シャイニングガンダム
MIA シャイニングガンダム(US版)
MIA シャイニングガンダム(ハイパーモード)
MIA ファイナルデュエルセット「新たなる輝き!ゴッドガンダム誕生」
MIA シャイニングガンダム(クリアカラーver.)
MIA シャイニングガンダム(BATTLE SCARRED)