P2161580
HGBD:R 1/144 エルドラドートレス の紹介です。
2020年2月中旬発送  販売価格1,430円
P2171604
DT-6800EL エルドラドートレス

P2171599
後ろ姿

P2171634
こちらはプレミアムバンダイ「ホビーオンラインショップ」より発売された受注限定商品。
ガンダムビルドダイバーズRe:RISEに登場したヒトツメの機体「エルドラドートレス」が完全新規造形で立体化。 P2161581
付属ホイルシール
主に頭部、シールド、武器。シンプルな配色なのでシールを貼るだけでほぼカバーできるようになっています。

P2161585
説明書
プレバン系キットは簡易的な説明書が多いんですが、今回はカラー印刷で解説等のインストもしっかり記載。

P2161586
やっぱりエルドラブルートよりも登場シーンが少なかったので今回はプレバン限定という販売方法になってしまったんでしょうか・・・
まだアニメが終わってないので、今後の活躍やさらなる後継機が用意されていることを祈ります。

P2171605
バストアップ
写真は付属するシールをすべて貼り付けて、部分塗装と各部に墨入れを施した状態となります。

P2171609
頭部はドートレスとドートレス・ネオの中間のような形状。
敵を意識しているからかメインカメラが少々ツリ目になっていますね。

P2171610
頭部はグレーの成型色のみで、メインカメラ、顎、上部のライン、赤いスリッドの色分けはすべてシールによる再現となります。

P2161587
こちらがシールを貼る前の状態。

P2161588
各部のディテールはしっかりとしてますが、パーツの分割が極端に少ないので塗装を考えるとかなり手間がかかりそう。
せめてメインカメラ部分だけでもクリアパーツ化してほしかった。

EQ3qH0tU8AAdhmW
頭部の組み立て図がこちら。
なんと2パーツ貼り合わせによる簡単構造。
ガンダムX放送当時の1/144キットを組んでいるかのようなノスタルジーを感じてしまうほどざっくりとした作りになっています。

P2171612
ボディ。
胸には縦線のスリッド造形。

P2171624
腰部はボールジョイント接続で左右への回転と前後のスイングが可能。
首はおなじみのポリキャップジョイント。

P2171617
背部
バックパック等はなくボディと一体になっています。背中にジョイント穴がないのでカスタム要素が少々薄め。

P2171613
腕部。

P2171627
肘は1軸による曲げ可動。
肩はボールジョイント、二の腕部で左右にロール。

P2171614
腰回り。

P2171615
脚部。
少しスマートなアレンジですが、脚部、膝下のパーツやダクトの位置など通常のドートレスとほぼ同じデザインになっていると思います。

P2171618
後ろから。

P2171628
膝の曲げ可動

P2171620
足底パーツがかなり独特な形状で足裏のフィンが地面と接地している感じです。
アンクルガードはボールジョイント接続で可動します。

P2171619
足裏にはダクトの造形。
肉抜きはありません。

P2171623
HGリーオー、HGマグアナック、HGデスアーミーと同じようにシンプルで必要最低限のパーツ数による構成。
組み立てるだけなら30分位で作り終わるほどお手軽です。

P2171633
後々通常のドートレスが出せるように共通パーツ以外は部分的に取り外すことが可能になっているんですが・・・
ランナータグはすべて「エルドラドートレス」になっているのでちょっと期待薄。

P2171629
アクション!

P2171631

P2171635
「機動新世紀ガンダムX」に登場したドートレスをベースにカスタマイズを行った全地形対応モビルスーツ。
エルドラアーミーと比較して基本性能がアップした新型機だが、ヒトツメの機体らしく生産性に優れた機体であり本機も多くが生産されている。

P2171636
「ヒトツメ」ということでデスアーミー系のバリエーション機がメインなのかと思いきや、唐突に登場するドートレス。
エルドラドートレスをベースとした改造機の存在がほのめかされておりますが、今のところは登場するかどうかは不明です。

P2171637
付属品「マルチプルバレルライフル」「シールド」

P2171638
シールド表面の六角形のモールドと黒いライン部分はすべてシールでの色分け。

P2171639
シールドは腕部のハードポイントとハンドパーツの2点で保持。
グリップ部が可動します。

P2171640
変形ギミックが内蔵された大型火器「マルチプルバレルライフル」

P2171641
砲身が4つあり、それが一つにまとまった状態。
銃口部分は塗装が必要となります。

P2171643
今までのガンダム作品にはなかった独特な外見の武器ですね。

P2171644
バレット部の変形。
マルチプルバレルライフルはパーツの差し替え無しで展開可能。

P2171647
それぞれのパーツがジョイントで接続されており、各部が可動し砲身が四方に展開します。
内側を見ると肉抜き箇所がかなり多いんですが、おかげで大きさの割に重量が軽めです。

P2171642
アクション!!

P2171654
エルドラドートレス専用の大型携行火器。
4連装の砲身はフレキシブルに展開させることが可能で、通常時のビーム収束モードの他、広域拡散ビームの発射が可能。

P2171656
砲身部を回転させての高速発射など様々な射撃モードを有しております。

P2171657

P2171659

P2171649

P2171650

P2171651

P2171652

P2171648
わざわざ新規造形でエルドラドートレスをキット化したということは・・・やっぱり同じランナーを使ったキットが今後出るんじゃないかと思います。
通常のドートレスへとバトンが繋がってくれたら嬉しいんですが、このままだとバリエーション機のみで終わってしまうんじゃないかとちょっと不安です。

P2171653
以上「HGBD エルドラドートレス 」レビューでした。



関連
LEGENDBB ガンダムベース限定 飛駆鳥大将軍 [クリアカラー]
HGUC ディジェ [クリアカラー]
HG ジム・インターセプトカスタム(フェロウ・ブースター装備)
HGBD エルドラドートレス