P5045612
バンダイより Q-JOY 涼宮ハルヒの憂鬱 の紹介です。

たまらないものですが・・・。
P5045617
こちらは2008年にバンダイから発売された可動フィギュアシリーズ「Q-JOY」の第一弾!!
1BOX8個入りのトレーディングフィギュアで価格は1つ840円となります。

今回は数年前に購入してからずっと眠らせていたデッドストック品(未開封新品)を満を持して開封したいと思います。

P5045619
第一弾はアニメ化で爆発的な人気を博した「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズ。
2008年は武装神姫、リボルテックそしてfigmaの始動とフィギュア業界では可動フィギュアが本格化した激動の時代。
そう、可動フィギュア戦国時代の最中にQ-JOYシリーズは発売されました。

P5045622
ラインナップは ハルヒ 長門 みくる 鶴屋さん の全4種類。
中身がわからないブラインドパッケージになっているんですが、こちらは1BOX購入で2セット分揃うアソートです。

P5045621
パッケージ裏。
共通関節によるカスタマイズが楽しめるといったバンダイらしい仕様。

しかしこれが後に悲劇を生むことに・・・

P5045632
「あたしね、関節って結構重要なことだと思うのよね」
強気なキャッチフレーズで世に送り出されたバンダイベンダー事業部からの刺客。
フィギュアのクオリティに関しては製品サンプルの写真が公開された時点であれこれ言われていましたが・・・

第一弾の発売前からすでに第三弾までの企画が決定しており、動き出してしまった歯車はもう止まらない。

止まらないQ-JOY。

P5045623
パッケージ上。
Q-JOYは「たまらん」という愛称でよく呼ばれているんですが、こちらは「Q-JOYのかな入力」が元ネタ。
モッコスやセイバーなどの「邪神」の流れもあって、当時は ふたばちゃんねる などの掲示板サイトでネタフィギュアとして大いに盛り上がり、その名を馳せる事となります。

P5045624
前置きが長くなりましたが、パッケージ内はこんな感じ。

P5045625
関節パーツランナー。
関節はPP(ポリプロピレン)製で基本的に共通パーツ。

P5045626
こちらがキャラ別のパーツ。
PVC・ABS素材になっています。

P5045634
組立図は箱裏に記載。
こう見ると結構細かい構成ですよね。

P5045636
涼宮ハルヒ

P5045637
後ろ姿。

P5045641
猫耳で露出が多い萌え萌え衣装に身を包んだハルヒの姿!
第一弾からかなり攻めた格好ですが、こちらはメガミマガジンの描き下ろし版権イラストがモチーフとなっております。

P5045640
そうなんです、このアマゾネスみたいなコスチュームは玩具オリジナルデザインではないんです・・・。

P5045638
猫耳娘姿はQ-JOYの印象が非常に強いんですが・・・
温度で色が変わる「メタモフィギュア(長門、鶴屋さん)」やカプセルトイのHGIFシリーズ「涼宮ハルヒの憂鬱 第6弾」でも同じ衣装が採用され立体化しています。

P5045643
頭部はカプセルトイシリーズとあまり変わらないクオリティ。
古いフィギュアだからではなく当時も酷評、当時のバンダイ製キャラフィギュアは顔の造形やアイプリに独特の癖がありましたよね。

P5045644
ボディ。
露出が多いので肩や肘の関節が目立ちますね。
ジョイントパーツは小、中、大と3サイズあり各部で使い分けられております。

P5045661
ハンド部は肉球。
元絵に忠実なので、握りとか開きとかそういった付け替え用のパーツはありません。

P5045645
脚部。
PVC製の足、接地面積が広い事から安定性は抜群。

P5045646
尻尾。
スカート丈がめちゃくちゃ際どいコスチュームなので、終始パンツ丸出し。

P5045647
ジョイント、本体ともにシンプルな構造なので当時のフィギュアの中では可動範囲が広い方だったかと思います。
まぁ・・・その分、丸出しの関節で見た目やプロポーションが犠牲になっているんですけどね。


P5045632
ほんと重要だと思いますよ。


P5045659
よく動く、Q-JOY

P5045654

P5045651

P5045652

P5045660
動かして遊べるとはいえ、このマニアック衣装でどうしろと・・・?

P5045649
可愛いポージングにも挑戦!

P5045650

P5045665

P5045664

P5045653


P5045630
多彩なポーズを再現可能!!


P5045662
ポロリもあるよQ-JOY!
関節の接続軸が短いせいか実はかなりパーツが外れやすく、思っていたよりも遊びづらい代物。

P5045663
これで定価840円は正直お高い。
1つ買ったらそれで満足。ネタとはいえ第三弾まで買い続けていた人は少なかったんじゃないかと思います。

P5045656
「ただの人間には興味ありません。」(本当に興味なさそう。)
秋葉原のラジオ会館(旧)などで1つ300円で投げ売られている現場を当時はよく見かけたんですが・・・それでも長い間売れ残ってました。

P5045667
長門有希

P5045668
後ろ姿。

P5045670
ハルヒとはボディの造形が異なり長門はワンピースのようなコスチューム。
服のディテールがシンプルすぎるのでなんだか下着にようにも見えますね。

P5045681
だいぶ丸顔で長門さんと言われないとちょっと判断が難しいくらいの造形ですが、ハルヒよりは若干可愛らしく見えます。

P5045673
尻尾は長め。

P5045676
版権イラストの中では個人的にケモミミ長門が一番似合っていてかわいいと思います。

P5045679
ハルヒとは違いボディの分割は無し。
その分ポロリが少ないのでこちらのほうが遊びやすいですね。

P5045680
アクション。

P5045677
「この銀河を統括する情報統合思念体によって造られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース」

P5045669
「それがわたし。」

P5045684
朝比奈みくる

P5045686
後ろ姿。

P5045696
ハルヒ、長門よりも更にシンプルなボディ。
みくるちゃんはスカート造形ではないので股関節のジョイントがかなり目立ちます。

P5045688
Q-JOY特有のレスラー体型がより引き立つみくるちゃん。
元のイラストの影響ですが首に巻かれた黒い首輪がまたいい味を出しています。

P5045691
「禁則事項です♡」

P5045693
各キャラクターごとに尻尾の造形が異なるところにこだわりを感じます。

P5045692
アクション!!

P5045690

P5045709

P5045694
ハルヒ「みくるちゃん!」
みくる「はわわ・・・・」

P5045697
鶴屋さん

P5045698
後ろ姿。

P5045700
全身タイツのような衣装なので、みくるちゃんよりもつるんとしたボディ。

P5045699
他のキャラよりも目が小さく、八重歯も再現。
涼宮ハルヒの憂鬱シリーズの中では一番出来が良いんじゃないでしょうか。

P5045704
股のジョイントもちゃんとボディと合わせた色合いになってますし、コスチュームのフェチ度も高め。

P5045701
胴体の分割がないのとよりシンプルなボディのおかげで可動範囲も広く、それなにりアクション性もあります。

P5045703

P5045705
「めがっさにょろにょろ」

P5045707

P5045708
めがっさかわいい・・・

P5055759

P5055760


P5045628
各パーツを組み合わせてカスタマイズ可能!


P5055742
っということで組み替えてみました。

P5055743
長門とみくるはどちらも黒猫なので、組み替えてもあまり違和感がないですね。

P5055746
ハルヒと鶴屋さんは耳の色が違うのでボディだけの交換がおすすめ。
そもそもこの姿で組み替える意味があるんでしょうか・・・制服姿とかバニーとかメイドとかそういった汎用ボディがない所がとても残念です。


P5045629
カスタマイズも自由自在!

可動フィギュアの新機軸!


P5055751
っということで、自由なカスタマイズが楽しめるという要素もQ-JOYシリーズの醍醐味。
シリーズ共通関節でジョイントのサイズを合わせればこのようにパーツをつなぎ合わせることが出来ます。

P5055752
つなぎ合わせたところで・・・。

P5055755
悲しいかな・・・。

P5055757
モンスターしか生まれないという・・・。

P5055748
ジャアク・ザ・ナイトメア!!

P5045735
大きさ比較ということで少々懐かしい面々と並べてみました。
サイズはfigmaよりも少し小さいくらいのサイズ感になります。

P5045727
歴代の少女たち。
アクアシューターズが500円でQ-JOYが840円・・・。

P5045725
ちなみにモエバインは2009年の発売となります。
うーん、たまらない気持ち になりますね。

P5045722

P5045723

P5045724
AOIです。



P5065851
「どうしてQ-JOYは売れなかったんですか?」

P5065852
・・・・・・。

P5065853
令和を生きるQ-JOYの姿。

P5065855

P5065856




おまけ。



P5055763
手持ちの電撃ホビーからページの抜粋。

P5055762
発売前から決まっている第三弾。

P5055761
商品サンプルで分かったQ-JOYの実力!
たまらんシリーズは不思議なことに・・・・憎めないんですよね。


ちなみに同じ雑誌にはこのような記事も。

P5055764
発売を控えるfigma長門。

P5055765
同年に始動したリボルテックフロイライン。
三弾はアスカ、二弾は遠坂凛、第一弾の綾波は初回生産価格で2000円という安さでした。

P5055766
アトリエ彩のアクションフィギュアシリーズ。
デュエルメイドの初期シリーズもこの時代ですね。

P5055769
そしてコナミの武装神姫。
ムルメルティアの発売前。

Q-JOY始動当時の時代背景でした。


P1001990
たまらんメモリーズ
こちらの写真は2008年に撮影した写真。古いハードディスクから探しだしたのでついでに載せておきます。

P5045714
以上「バンダイ Q-JOY 涼宮ハルヒの憂鬱」レビューでした。



関連
ハッピーセット うちはサスケ (チャクラ宙返り)
ハッピーセット べジータのアッパーカット
バンダイ ヘボット! ガシャプラシリーズ vol.1
タカラトミーアーツ ガッツアニマル!!
イルカ星人フィギュア
ビーストサーガ BS15スターター 空の戦士団ソアラ聖国デッキ
カプセルトイ 仕事猫ミニフィギュアコレクション
S.H.Figuarts TAMASHII GIRL AOI
アオシマ 中華キャノン
バンダイ Q-JOY 涼宮ハルヒの憂鬱