P8041194
バンダイより ガンダムユニバース ストライクガンダム の紹介です。
(BANDAI GUNDAM UNIVERSE GAT-X105 STRIKE GUNDAM)
P8041195
パッケージ裏。
発売日2020年7月23日 価格3,300円

P8041199
GAT-X105 ストライクガンダム

P8041201
後ろ姿。

P8041236
「ガンダムユニバース (GUNDAM UNIVERSE) 」より、「機動戦士ガンダムSEED」 に登場するストライクガンダムがラインナップ!
こちらは世界標準の約6インチというサイズ感で統一された塗装済み完成品フィギュアで今回はシリーズ第3弾となります。

P8041216
ストライクガンダムはガンダムSEEDがスタートした以降、フィギュアやプラモデルから合金トイ、ハイエイジトイまで数多く商品化されているので・・・
「またストライクか・・・」と、ついつい言葉にしてしまうユーザーも多いかと思います。

P8041217
立体物の種類が多いと、サイズや価格、造形アレンジなど自分好みの商品を選べるので非常にいい事だと思います。
趣味嗜好も多様化している世の中なので、ガンダムユニバースのような手軽に遊べる大きなフィギュアがほしいという人も少なくないはず!

P8041203
バストアップ。
一見いつものストライクガンダムに見えますが、ガンダムユニバースではディテールの追加やデザインの変更など一部にアレンジが加えられております。

P8041205
アンテナはプラスチック成形。
個体差だと思いますが、マスク部のへの字が曲がってプリントされてしまっているので・・・商品を購入する際は吟味したほうがいいかもしれませんね。

P8041206
頭部の造形は言うほど悪くないかなーといった印象。
スケールが少し大きい分、ロボット魂のストライクよりもシャープでカッコよく仕上がっていると思います。

P8041209
特に横顔がかっこいい。
ツインアイはメタリック塗装で、ライトを照らすとちゃんとキラッと光るので効果的に働いていると思います。

P8041211
頭部後ろ。

P8041218
胴体部。
スジ彫りのディテールが追加されておりますが、見た目はかなりシンプルな仕上がり。

P8041219
胸部のダクトやグレーの部分、ボディ、腰回りはすべてパーツの成型色による色分け。
塗装箇所をなるべく減らして個体差と人的手間によるコストを抑える為の手法だと思います。

P8041228
背中にはストライカーパックを取り付ける為の接続穴が開いているんですが、残念ながら付属しておらず現時点では今後発売するといった予定はありません。
アメリカのイベント(コミコン?)で発表されたときはストライカーパックを背負っていたので想定はされているはず・・・!

P8041221
腕部。
肩アーマーはプラ成形、腕部はPVC成形です。

P8041225
肩アーマーの側面に注目。
よく見ると他の立体物とは違い白い装甲部に角があるデザインにアレンジされております。

P8041220
腰回り。
フロント、サイドアーマーはプラスチック成形でかなりカッチリとした造形。

P8041229
リアアーマーは軟質製。

P8041231
脚部。
PVC成形がメインでアンクルガード、足上の白い部分、黒いフレーム部など部分的にプラが使用されております。

P8041230
後ろ側。

P8071296
足裏造形。

P8041235
首の根元、頭部の付け根がボールジョイントで可動。
頭は上下左右へと角度をつける事ができますが、動きの幅はかなり狭め。

P8041239
肘は二重関節が採用で120度ほど曲がります。
二の腕は左右へロール可能で手首はボーイズトイ的な簡単なボールジョイント接続になっています。

P8041238
胴体の接続、肩アーマーの接続はボールジョイント。
肩関節は基本的にシリーズ共通パーツなのでアーマーの大きさ、機体デザインの違いで可動範囲が制限されてしまいます。

P8041237
腰内部はジョイントの組み合わせで構成されていますが、腰の捻りに関しては不向き。

P8041241
サイドアーマーとフロントアーマーは受けのキャップと軸による接続でガンプラに近い構造です。

P8041242
膝の可動。
旧MIAのような関節であまり曲げることが出来ず、片膝立ちなどのポージングは取れません。

P8041243
足首のパーツ構成。
ボールジョイント接続で足に角度がつけられるため接地性良好。

P8041245
海外向けのマッシブなプロポーションですが、ロボット魂やガンプラとはまた違ったアプローチで差別化されているところがいいですよね。

P8041248
アクション!!
各部関節の渋みに関しては問題なし。

P8041244

P8041250

P8051254

P8041251

P8041252

P8071260
付属品「アーマーシュナイダー」

P8071262
1パーツ成形。
折りたたみギミック、サイドアーマーの収納ギミック等は省かれております。

P8071267
もちろんナイフは2本付属。
右ハンドパーツはビームライフルと兼用なので、指の位置が若干合いません。

P8071270
対装甲コンバットナイフ アーマーシュナイダー!!

P8071272

P8071271

P8071269

P8071266

P8071265

P8071273
付属品「ビームライフル」「シールド」

P8071274
1パーツ成形。
センサー部に塗装が施されております。

P8071288
グリップ部の可動は残念ながらオミット。

P8071284
57mm高エネルギービームライフル!!

P8071275
ゴールの寄りのメタリック塗装が施されており、シールドの色分けは見事ですね。

P8071276
アタッチメントパーツを介して腕部に取り付けます。

P8071281
対ビームシールド!!

P8071286
ほんとガンダムSEED初期頃の商品のような感覚。
やっぱりエールストライカーが欲しくなりますが、サイズ的に他の玩具での代用ができなさそう。

P8071278
いつもの。
エールがだめなら、1/100スケールのグランドスラムあたりをもたせてみてもいいかもしれませんね。

P8071279

P8071257
付属品「魂STAGE用ジョイント」

P8071258
股部分に取り付けることでBANDAI系のスタンドに対応。

P8071301
フィギュアサイズは頭部アンテナまで入れると17センチ。
ガンプラだとHGよりも大きくMGよりも小さいといった大きさだと思います。

P8071291
モビルスーツインアクションと比較。

P8071293
見比べるとプロポーションの違いや武器の大きさがよく分かるんじゃないかと。
・・・MIAのシールドがでかすぎる。

P8293252
ロブスターストライクガンダム

P8293253
唐突な合体ネタ。
ビーストウォーズⅡのギムレットを背負わせてみました。

P8293254
グーンとゾノをやっつけろ!

P8293256
ロブスターストライクガンダム!!

P8293257
スラストールストライクガンダム

P8293258
こちらもビーストウォーズⅡからスラストールを無理やり背負わせた合体ネタ。

P8293260
スラストールストライカーを装着した突撃形態だ!!

P8293263
わるいザフトをやっつけろ!ガンダム!!

P8293274
ダイノトロンストライクガンダム

P8293275
こちらは海外版のビーストウォーズ「ダイノトロン」との合体。

P8293276

P8293277

P8293278

P8293279
マンティストライクガンダム

P8293280
こちらはビーストウォーズのマンティス

P8293282
マンティストライカーは中距離格闘装備で飛行も可能だぞ!
ザフトのディンをやっつけろ!

P8293283

P8293285
ダイノボットストライクガンダム

P8293287
こちらはビーストウォーズのダイノボット

P8293286
ラプトル系は作りが同じなので・・・

P8293288

P8293271
ビートルストライクガンダム

P8293272
こちらはビーストウォーズのモーターアーム
硬い装甲と大型クローで戦うパワー装備だ!

P8293273
ビートルストライカー、ロブスターストライカー、シケイダーストライカーを合体させるとトリプルダクスガンダムになるらしい・・・

P8071295
以上「GUNDAM UNIVERSE ストライクガンダム 」レビューでした。



関連
GUNDAM UNIVERSE ガンダムデスサイズ
GUNDAM UNIVERSE ガンダムEz-8
GUNDAM UNIVERSE ストライクガンダム