P9083802
MOBILE SUIT IN ACTION!! ダークダガーL の紹介です。
発売日2005年5月1日 価格1575円。
P9083803
パッケージ裏。

P9083818
GAT-02L2 ダークダガーL

P9083815
後ろ姿。

P9144350
こちらは「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場する「地球連合軍」の主力量産型モビルスーツ「ダガーL」派生型。
ファントムペインがアーモリーワン襲撃時に使用した機体で、宇宙空間での視認性を抑える処置として漆黒の塗装が施されております。

P9083820
バストアップ。
MIAダガーLやMIAウィンダムは武器、武装の換装と互換性がギミックとして再現。

P9083838
こちらのMIAダークダガーLにはキャノンパック「ドッペルホルン連装無反動砲」と大型火砲「Mk39低反動砲」が付属。
ダガー系は数を揃えれば揃えるほど充実とした遊びができますね。

P9083839
本体は「MIAダガーL」とまったく同じ造形で塗装のみが変更されたカラバリ。
現行のプラモデルシリーズでは未だに発売されておらず、現在でもMIAが唯一のフル可動モデルですね。

P9083821
頭部には軟質素材でありながらもシャープな造形のアンテナが右側に1本。
ストライクダガー、105ダガーよりも小顔でより洗礼されたシンプルなデザインだと思います。

P9083822
頭部横には「M2M5 トーデスシュレッケン12.5mm自動近接防御火器」を装備。
取り外すことは出来ませんが別造形で成型色による色分けとなっております。

P9083823
正面から。
ガンダムタイプよりも造形が単純なので比較的ダガー系のほうが綺麗な塗装になっているかと思います。
でもこの頃のMIAは塗装の仕上がりに差がある商品が多いので、首周りの塗装など気になる部分もありますね。

P9083826
頭部後ろ。
細かなセンサー部も彩色済み。

P9083828
胸部。

P9083825
背部には接続穴がありキャノンパックの取り付けが可能。
バーニアノズルは別造形でボールジョイント接続によって可動します。

P9083829
腕部。
左右対称のデザイン。

P9083830
腰アーマー部。

P9083831
脚部。

P9083832
膝裏、ふくらはぎ。
スラスターノズル内はレッド、縁取りはブルーのような独特な色になっています。

P9083833
足裏造形。

P9083834
頭部の付け根と腰部分がボールジョイント接続による接続。
パーツの干渉や動かした際の癖がないためシンプルによく動くと言った感じです。

P9083836
腕の可動
肩接続部は前後に可動するジョイント接続。

P9083835
肘は二重関節で二の腕にはロールが設けられています。

P9083837
膝も二重関節。
足首はダブルボールジョイントが採用されております。

P9083840
アクション!

P9083843

P9083845

P9083841

P9154352
付属ハンドパーツ 「握り」、「武器持ち」、「ライフル用」の3種。

P9083847
付属品「M703k ビームカービン」

P9083848
グレーの成型色、スコープ部は別造形でホワイトの塗装、スコープ内はブルーの塗装になっています。

P9103957
ビームカービンは脚部に取付可能。

P9083850
従来のビームライフルよりも小型で威力速射性に重点を置いた装備。

P9083851
付属品「対ビームシールド」

P9083852
シールドはハンドグリップ、腕部の2点で保持。

P9083853
アクション!!

P9083861

P9083854

P9083857

P9103958
サイドアーマーのギミック。

P9103959
両腰のアーマーはハッチの開閉が可能。
内部には「Mk315 スティレット投擲噴進対装甲貫入弾」が内蔵されています。

P9103965
付属品「Mk315 スティレット投擲噴進対装甲貫入弾」

P9103963
2種付属しており、アーマー内部に収納されたものとハンドグリップに持たせるものとでは大きさが異なります。

P9103960
もちろんMk315スティレット投擲噴進対装甲貫入弾も左右2個分付属。
非常に小さいパーツなので紛失注意です。

P9103966
Mk315スティレット投擲噴進対装甲貫入弾は両腰アーマーに収納される投擲用の短剣型爆弾。

P9103967
コンバットナイフとしても使用できるほか、投擲後はロケット推進で標的に向かい装甲を貫徹、内部で爆発しダメージを与えます。

P9103971
共通装備でダガーL、NダガーN、ブルデュエルなどにも同様の装備が採用。

P9103969

P9103970

P9103972

P9103964
付属品「ES04B ビームサーベル」
サイドアーマーに基部が取り付けられているので、こちらを引き抜きます。

P9103973
ビームサーベルエフェクトの差し込み。
ダガーLのエフェクトは濃いピンク色でウィンダムに付属するサーベルエフェクトとは色が異なります。

P9103980
もちろんビームサーベルは2本分付属。
クリアカラーのサーベルパーツはプラ素材なので曲がる心配は無さそうです。

P9103976
アクション!

P9103978

P9103979

P9103974
サーベルエフェクトはかなり長めですね。

P9103984
付属品「ドッペルホルン連装無反動砲」

P9103986
砲身はそれぞれ個別に可動、バックパック部左右の取付部から前後に角度をつけることができます。

P9103987
さらにドッペルホルンの接続部がこのようなボールジョイントになっているため左右の向き調整も可能です。
思ったよりも自由度が高めですね。

P9104000
バックパック取り付け基部はPVC成形ですが、左右のドッペルホルン連装無反動砲はすべてプラスチック成形。
なので取り付けた状態で自立させても、重みで後ろにひっくり返る事なく支えられると思います。

P9103992
大型の実弾砲塔を2門備えた対艦攻撃用のストライカーパック。
機動性が低下するものの、艦船によっては一撃で轟沈させるほどの威力があります。
ドッペルホルン (Doppelhorn) はドイツ語で「2本の角」という意味。

P9103990
アクション!!

P9103991

P9103995
左右可動のおかげで表情付けができる所がいいですね。
砲身も申し分ない長さなので、かなり劇中再現度が高いんじゃないでしょうか。

P9103999
やっぱり自由にポーズ付けができる所がおもちゃとしてアクションフィギュアのしての醍醐味だと思います。

P9104019

P9104002
付属武品「MK39低反動砲」

P9104003
こちらもドッペルホルンに負けず劣らずの大型サイズ。
すべてPVC成形なので持たせると肩の関節が重量に耐えきれず・・・すぐヘタレれてしまいます。

P9104004
可動は特にありません。
センサー部が塗装されております。

P9104005
後ろ側。

P9104006
横から。

P9104009
アクション!

P9104008
MSの全高に匹敵するサイズの肩掛け式携帯火砲。
ザフトの無反動砲より大型で劇中ではダークダガーLがアーモリーワンの宇宙港を攻撃するのに用いられるほか、通常型のダガーLにも装備されています。

P9104010

P9104015
フル装備。

P9104016
ダガーLの装備に加えて大型武装が追加付属なので・・・かなりプレイバリューの高い商品ですね。
見た目にボリュームも最高です。

P9104018

P9144340
MIAダガーLと比較

P9144341
後ろ姿。

P9144343
ダガーL(ドッペルホルン連装無反動砲)
パック換装可能です。

P9144342
ダガーL(MK39低反動砲)

P9144344
ウィンダム(ドッペルホルン連装無反動砲)

P9144345
ウィンダムは劇中でも装備してた機体が出てきてたような・・・。

P9144346
ウィンダム(MK39低反動砲)

P9144347
ダガーL(ジェットストライカー)

P9144348
集めて楽しい地球連合軍!!
あればあるだけ楽しめるので、この三体は安けりゃ買いです。

P9083805
付属のデータシート

P9083804

P9083808
カタログも封入されてました。

P9083809

P9144351
以上「MIA ダークダガーL」レビューでした。



関連
MIA ダガーL
MIA ウィンダム
MIA ダークダガーL