P9295358
一番くじ F賞 エントリーグレードRX-78-3 G-3ガンダム ソリッドクリア の紹介です。
発売日 9月23日 価格 790円
P9295363
こちらは9月23日発売の「一番くじ 機動戦士ガンダム ガンプラ40周年」にラインナップされているF賞。
入手困難で話題の「エントリーグレード ガンダム」をベースとした初のカラバリキットとなっております。

P9295362
12月に一般発売予定のEGガンダム(武器なし)に先駆けての袋パッケージ。
袋の中にそのままランナーが入っているんですが、パーツが擦れないようにランナーの間に説明書が挟まっています。

P9295364
G3ガンダムということで通常キットと違い全体の配色が大幅に変更、胸部はクリアパーツになっています。
ビームライフル、シールドが省かれているので、今後一般発売するライトパッケージ版はこちらと同じランナー配置になるかと思います。

P9295365
外装になるBランナーのパーツはすべてクリア成形。
無色透明ではなく、クリアスモークのようなくすんだ
色合いです。

P9295366
CランナーはEGガンダム初のハイパーバズーカ
見ての通り本体とは別ランナーで、こちらはグレー一色となります。

P9295367
説明書は一番くじ専用のもの。
追加されたバズーカの分、組立の項目が増えています。

P9305370
RX-78-3 G-3ガンダム

P9305371
後ろ姿。

P9305373
ガンダムの中では最新キットとなるEG。
今年はHGシリーズでアレンジされた「RX-78-2 ガンダム」がたくさん発売されましたが、EGはまさに原点復帰で非常にシンプルなデザインで立体化されています。

P9305374
なので全体的なディテールがぼやけて見えてしまうんですが・・・
EGの特殊なパーツ割り、内部パーツ構造を覗き見る事が出来る所がとても大きなポイントだと思っています。

P9305375
ガンダムをベースとしたカラバリではもはや定番の「G3カラー」ですが、いきなりクリアカラーでリリースされるとは思いませんでしたね。
パッケージが新規イラストなので、おそらく通常のG3ガンダムも商品化の視野に入っているんじゃないかと思われます。

P9305378
バストアップ
接着剤を使用しない「スナップフィット」、道具を使わずに手でパーツが外せる「タッチゲート」が採用されているのでサクサクと組み立て可能。

P9305379
頭部。
EGガンダムはパーツによる分割で各部のカラーリングが再現されているためシールの付属がありません。

P9305381
見ての通りほぼ完璧な色分け。
頭部装甲が透けているのでツインアイの構造や頭部センサー、顎の赤い部分などのパーツ割りがわかりやすいかと思います。

P9305380
メインカメラ周りの黒い縁に当たる部分はパーツの隙間とその影で表現。
こちらはガンダムAGE放送時にリリースされていた「AG(アドバンスドグレード)」の技術が継承されています。

P9305382
頭部後ろのセンサー部だけ色分けされておりません。

P9305386
スラスターノズルとランドセルは一体成型ですが、ビームサーベルはどちらも別構成なので引き抜き可能。
ランドセル側には3ミリ穴、パーツを外すとガンダム本体側には2つの接続穴が用意されています。

P9305387
ボディ。
ライトグレー部分はすべて一体構造で、装甲パーツをかぶせるように嵌めていくといった構造です。
腰部のVマークまで色分けされている所が凄いですよね。

P9305390
腕部。
基本的に関節部は通常成形。

P9305388
脚部。

P9305389
太もも、膝下などほぼ2パーツの貼り合わせ構造。
HGの「GUNPLA EVOLUTION PROJECT 」として発売されたリーオーやマグアナックに近い作りです。

P9305391
足裏のディテール。
昔の簡易キットだと肉抜きになっているタイプが多いんですが、EGガンダムはちゃんと再現されています。

P9305393
頭部は首は頭部の付け根と胴の付け根でダブルボールジョイント。

P9305394
腕部可動。
肩はジョイントパーツ接続で肩アーマーと干渉することなく水平まで上がります。

P9305396
更に胴の付け根から引き出すことで垂直に腕を上げることが可能。
簡単な構造かつ違和感なく動く所が面白いですね。

P9305395
肘の曲げ。
ジョイント接続で90度以上曲がります。

P9305397
腰部の可動。
ボールジョイント接続で左右のスイングはもちろん大きく前方に曲げることが可能。

P9305398
フロントアーマーは左右がつながった構造ですがこのように跳ね上げる事ができます。
サイドアーマーは接続部がボールジョイントなので柔軟に可動。

P9305399
膝の曲げ。
ジョイント接続で90度以上曲がります。

P9305400
足首の前後可動に加えてつま先側にボールジョイント接続されています。
従来のガンプラよりも接地性がかなり向上しており、アクションフィギュアのような動きをつけることが可能となっています。

P9305402
アクション!!

P9305407

P9305403
肩がよく動くのでしっかりと手がビームサーベル部に届きますね。

P9305404
サーベルエフェクトは付属してないんですが、接続穴はちゃんと開いているのでHGUCシリーズからの流用が可能です。

P9305406

P9305408

P9305412

P9305409

P9305410

P9305413

P9305414

P9305417
付属品「ハイパーバズーカ」

P9305415
EGガンダムはハンドパーツの分解ができないので、持たせる際はバズーカのグリップ下パーツを一旦外してからハンド部分に通します。

P9305418
バズーカは4パーツ構成。

P9305419
グリップ上の部分が前後に可動します。

P9305422
基本的には左右パーツの貼り合わせになるんですが、後部の隙間などしっかりと再現されていますね。

P9305423

P9305420

P9305421

P9305424
G3ガンダムのクリアカラーはもしかしたら今回のEGが初になるんじゃないかなーっと。

P9305425

P9305426

P9305429

P9305431
同じ一番くじの ガンダム ソリッドクリア と並べてみました。
クリアカラー成形でも色合いの違いがよくわかりますね。

P9305433
後ろ姿。

P9305434
ガンダム+ハイパーバズーカ

P9305437
現時点だとハイパーバズーカはG-3ガンダムにしか付属していないんですが・・・
今後ジャベリンやハンマーを加えたガンダムの武器セットが発売するかもしれませんね。

P9305436
以上「EG RX-78-3 G-3ガンダム ソリッドクリア」レビューでした。



関連
ガンプラ入りラウンドBOX EG RX-78-2 ガンダム メタリックカラー
1/144 ランチャーストライクガンダム クリアカラーVer.
1/144 デスティニーガンダム & ストライクフリーダムガンダム クリアver.セット
EG RX-78-2 ガンダム ソリッドクリア
ハロプラ ハロ ソリッドクリア
SDガンダム EXスタンダード ユニコーンガンダム ソリッドクリア
SDガンダム EXスタンダード ガンダム ソリッドクリア
EG RX-78-3 G-3ガンダム ソリッドクリア