PA095943
バンダイより ガンダムユニバース ゴッドガンダム の紹介です。
(BANDAI GUNDAM UNIVERSE GF13-017NJII GOD GUNDAM)
PA095944
パッケージ裏。
発売日2020年10月10日 価格3,300円

PA095947
GF13-017NJII ゴッドガンダム

PA095949
後ろ姿。

PA095997
「ガンダムユニバース (GUNDAM UNIVERSE) 」より「機動武闘伝Gガンダム」に登場するゴッドガンダムがラインナップ!
こちらは世界標準の約6インチというサイズ感で統一された塗装済み完成品フィギュアで今回はシリーズ第4弾となります。

PA095952
ゴッドガンダムはDX玩具や1/100シリーズ、MIAシリーズ、ロボット魂、ガンプラなどなど立体化される機会が多かったガンダムですね。
近年だと「ハイレゾリューションモデル 1/100 ゴッドガンダム」が最新モデルになるかと思います。

PA095951
海外ファンの熱量もあったガンダム作品なので、今回のGUNDAM UNIVERSEはまさに的確な機体チョイスですね。
元々海外向けなので粋な計らいで「バーニングガンダム」表記のパッケージを用意してほしかったな・・・っと少し思いました。

PA095950
シリーズ共通のメインフレームが使用されているため、帳尻合わせとして見た目のバランスやプロポーションにアレンジが加えられております。
ユニバースシリーズは上半身が大きく全体的にマッシブな印象を受けますが、ゴッドガンダムはこのアレンジにマッチしているんじゃないかと思います。

PA095953
気になるのは各部のギミックですが・・・
遊びやすさを求めたアクションフィギュアとしての割り切りや価格との兼ね合いで大半がオミットされています。

PA095954
4つのアンテナはすべてプラスチック成形。
ボーイズトイ的な立ち位置のフィギュアですが、しっかりと各部がシャープな造形になっていますね。

PA095956
ツインアイ、各センサー部はメタリックな塗装が施されております。
アンテナは成型色なんですが、イエローの明るい色合いが昔のフィギュアみたいで絶妙な懐かしさを感じます。

PA095955
頭部アップ。
頭部バルカンは未塗装ですが、銃口のディテールや頬のフィンなど造形は細かめ。
アレンジとしてメインカメラ部が若干細いかなーと言った印象。

PA095957
頭部後ろ。

PA095958
胴体のブルー、ダクトやマシンキャノン部などのイエロー、腰回りのレッドなどすべて成型色による色分け。
前回のガンダムウイングゼロ(EW)あたりと比較すると塗装箇所が少なめです。

PA095959
ダクト内部やスミ入れ以外はしっかりとカラーが再現されているので思ったよりも見栄えはいい感じ。
ユニバースのアレンジになりますが、胸部の厚みがあまりなくボリュームが若干控えめになっている気がしますね。

PA095972
コアランダー部。
すべてプラスチックパーツ成形。

PA095973
スラスターノズルは発色の良いシルバー塗装になっています。

PA095974
背部スタビライザーの展開。
6本ともそれぞれ別造形なので独立して可動。

PA095975
コアランダーは取り外し可能ですが、コクピットの造形等はありません

PA095960
フロントアーマー部。
左右独立して可動しますが、プラスチック成形なので柔軟性がなく足の動きと干渉しがち。

PA095961
スカート部の黒いラインは・・・よく見ると別パーツ構成に。
フィギュアに使用されているパーツ数が結構多めになってますね。

PA095963
サイドアーマー。
こちらもプラパーツ。ゴッドスラッシュ取り付け部の回転や基部の取り外しはできません。

PA095967
腕部。
肩アーマーの黒いラインも同じく別パーツ構成。この部分はかなり変わった分割ですよね。

PA095968
肩アーマー横もちゃんと再現されています。

PA095969
Gナックル。
肩アーマー、Gナックルはプラパーツ成形。

PA095970
腕のプロテクターは一旦取り外して・・・

PA095971
接続位置を変えることでGナックルを前に出すことが出来ます。
さらに上部の爪は独立して可動。

PA095964
脚部。
PVC成形がメインでアンクルガードと関節のみプラが使用されております。

PA095965
アンクルガードはボールジョイント接続で上下左右に可動。

PA095966
後ろから。
脚部スラスターの展開ギミックはありません。

PA095989
足裏のディテール

PA095976
首の根元、頭部の付け根がボールジョイントで可動。
頭は上下左右へと角度をつける事ができます。

PA095979
肘は二重関節が採用で120度ほど曲がります。
二の腕は左右へロール可能で手首はボーイズトイ的な簡単なボールジョイント接続になっています。

PA095977
胴体の接続、肩アーマーの接続はボールジョイント。

PA095980
腰内部はジョイントの組み合わせで構成されていますが、腰の捻りに関しては不向き。
サイドアーマーとフロントアーマーは受けのキャップと軸による接続でガンプラに近い構造です。

PA095982
脚を動かすと太ももとフロントアーマーが干渉してしまうので、このようにアーマーを横にずらして逃がすか・・・

PA095983
フロントアーマー、サイドアーマーの隙間から脚を出さないと上手く動かすことが出来ません。

PA095984
膝の可動。
Gガンダムだからといって特別な作りになっているわけではなく、ユニバース通常通りの構造。

PA095986
足首のパーツ構成。
ボールジョイント接続なので足に角度がつけられるため設置性は良好。

PA095991
アクション!!

PA096009

PA095990
ちなみにハンドパーツは左右とも「握り手」のみ。

PA096001

PA096002
ウイングゼロ(EW)はアンテナがメタリックゴールド塗装で成型色もラメっぽかったんですが、ゴッドガンダムは各部シンプルな成型色。
特にイエローの色合いが昔の玩具っぽくて絶妙ですね。

PA095995
魅力はがっしりとしたプロポーション!
結構アニメのイメージに近い気がします。

PA095993

PA095990

PA095998

PA096000

PA096011
脚の可動はこれが限界ですね。

PA096015

PA096010

PA096014

PA096004

PA096006

PA096020
付属品「差し替え用パーツ」

PA096019
胸部はパーツの差し替えで再現。
中央の装甲を一旦取り外します。

PA096021
別途の装甲パーツと、エネルギーマルチプライヤーを取り付けます。

PA096023
展開時の姿。
エネルギーマルチプライヤーはメタリックレッドで塗装が施されております。

PA096025
付属品「ゴッドフィンガー」

PA096027
右手のみの付属。
平手をメタリックレッドで塗装しただけなので、あの独特な指の表情までは再現されておりません。

PA096028
ゴッドフィンガーに関してはちょっと残念ですね。
二の腕のロールやGナックルの向きを変えたりといったアクションがないのでポーズがかなり厳しいです。

PA096036
アクション!!

PA096038

PA096024

PA096031

PA096034

PA096033

PA096035

PA096032

PA096030

PA096040

PA096017
付属品「魂STAGE用ジョイント」

PA096018
股部分に取り付けることでBANDAI系のスタンドに対応。

PA106048
フィギュアサイズは頭部アンテナまで入れると16.5センチ。

PA096046
ロボット魂と比較。
ロボ魂は顔が小さく少し細身なアレンジ。見比べると結構肩アーマーは大きめですね。

PA096047
モビルスーツインアクションと比較。
言わずと知れたバンダイの元祖アクションフィギュア!ガンダムユニバースはやっぱり太もも、脚の肉付きいいですね。

PA096043
ビッグスケール MS IN ACTION!!と比較。
その名の通りMIAのでかい版。

PA096045
これはこれでなんだか見た目に安心感がありますよね。

PA096044
大集合。(ヒューマブルモデルも加えて)
他にも各スケールのプラモデルシリーズやGFF等の完成品トイなど立体物が多め。
近年のフィギュアではなかなかシャッフル同盟が揃わないので、何かしら手軽に買える価格帯でコレクション性を高めたブランドがほしいところですね。

PA096040
以上「GUNDAM UNIVERSE ゴッドガンダム 」レビューでした。



おまけ。

PA106050
ビルドストライクガンダム



関連
GUNDAM UNIVERSE ガンダムデスサイズ
GUNDAM UNIVERSE ガンダムEz-8
GUNDAM UNIVERSE ストライクガンダム
GUNDAM UNIVERSE ウイングガンダムゼロ(EW)
GUNDAM UNIVERSE トールギス
GUNDAM UNIVERSE ゴッドガンダム