PB027794
バンダイより LM 1/144 RB-79K 戦闘ポッド ボール の紹介です。
1996年8月 価格 700円
PB027796
パッケージ裏。

PB027797
こちらは1995年から1997年にかけてリリースされた「LM (リミテッドモデル)」シリーズ。
簡易金型を用いたプラモデルシリーズでガンダム系の他にも エヴァンゲリオン、エスカフローネ、ラムネ40炎、覚悟のススメ、FF7 など幅広い商品ラインナップとなっております。

PB027800
説明書。
機動戦士ガンダム第08MS小隊の第一話で大活躍した「ボールK型」ですね。

PB027804
封入されたランナーは2枚。
中身は必要最低限のパーツ数で組み上げることが出来る簡易キット的なパーツ構成です。

PB027801
組み立て図。
説明書を見た所、2パーツ張り合わせの本体に各部のパーツを取り付けていくといった作りになってます。

PB027802
付属の水転写シール


では組み立ててみましょう。

PB027807
戦闘ポッド RB-79K ボール

PB027808
後ろから。

PB027812
成型色は濃いオレンジ1色。
本体以外はパーツ分割されているので、LMの中では割と塗装しやすい方だと思います。

PB027813
ヘッドライト。
ボールK型はMGとHGUCでリリースされていますが、LMシリーズが初組み立てキット化になりますね。

PB027810
横から。
2005年発売のMGでは「RB-79K ボール 第08MS小隊版」、2010年のHGUCでは「ボールK型(第08MS小隊版)」という名称になっています。

PB027814
マニピュレーター
一体成型なので関節やクロー部などの可動はありません。

PB027815
ウインチ
巻かれたワイヤーのディテールが再現されています。

PB027817
ブースターノズルは別パーツ構成。
こちらも塗装する際にパーツの付け外しが出来るのでLMシリーズにしてはかなり親切な作り。

PB027818
下面。
どこから見ても肉抜き穴が一切ないので見た目は非常に良く出来ていると思います。

PB027819
フィフティーンキャリバー2連装キャノン砲

PB027820
砲身部がかなり細くなっているので破損には要注意。
砲口は塞がれた状態です。

PB027822
各部可動。
マニピュレーター接続部の根本でボールジョイント可動。

PB027824
キャノンは基部で左右にロール。

PB027825
さらに砲身はそれぞれ上下に可動。

PB027826
リミテッドモデルは生産管理コストを抑えるために簡易インジェクションという簡易金型で製造されたキット。

PB027827
通常のプラモの金型よりも型が脆いため、こちらのシリーズはどれも再販が不可能な「絶版商品」となっております。

PB027828
合わせ目は本体のみですし、ヒケを削ってしっかりと塗装すれば今でも十分見栄える仕上がりになるんじゃないかと思います。

PB027829

PB027830


PB027838

HGUCボールK型と並べてみました。

PB027837
後ろ姿。

PB027833
各部のバランスが異なりますが、1/144スケールなので見た目のサイズ感は大体同じですね。

PB027834
比較してみると、LMの方が胴体が大きくコクピット部の面積が広め。

PB027836
HGUCはマニピュレーターとキャノンが大きく造形されれています。

PB027839
以上「LM 戦闘ポッド RB-79K ボール」レビューでした。



関連
HG 高機動試作型ザク
機動戦士ガンダム カプキャラ ボール1
LM ジェニスカスタム
LM リーオーカスタム
LM ドートレスカスタム
LM 戦闘ポッド RB-79K ボール