PC169925
タカラトミーより ZOIDS ゾイドワイルド ZW26 キャノンブル[バッファロー種]の紹介です。
発売日 2019年7月27日 価格3500円

暴れろ!本能のままに!!
PC189949
「ゾイドワイルド ZERO」より、第8話に登場した帝国軍のゾイド「キャノンブル」の紹介です。
今作初のバッファロー種で兵器感あふれるそのデザインは旧ゾイドシリーズのディバイソンを彷彿とさせますね。

b44de62a
パッケージ内容はこんな感じ。
ゾイドワイルドは「発掘」「復元」がテーマで、内装は作品のインスピレーションをより高めるため地層をイメージしたデザインが採用されています。

PC169926
各パーツはそれぞれ袋に分けられており、説明書の指示を見ながら順に袋を開封して組み立てるといった方式。
パーツはランナーレスなので、ニッパー等の刃物を使用せずに組み立てられる所が手軽でいいですね。

PC169928
復元の書。
説明書はカラー印刷になっている為、形だけではなくパーツの色でも判断しやすく初心者にわかりやすいように配慮されております。
世界観に合わせた専門用語やゾイド解説もあるのでなかなか読み応えがあります。

8c916a1d-s
メカユニット。
こちらは可動ギミックの要となる動力ユニット。この状態で封入されているので組立不要です。

c94060a0-s
メカユニットには単4電池1本を使用。
蓋はネジ止め式なのでドライバーが必要です。
組み立てる前に軽く動作チェックをしたほうが良いかもしれませんね。

PC169930
MB(マシンブラスト)ユニット。
こちらは新要素で予め組み立て済みのユニットパーツとなっています。


では復元開始!





PC169931
骨格形態。
付属の「Sパック」、「発掘パックA」のパーツを説明書を見ながらメカユニットへ取り付けることで骨格が完成。

PC169932
後ろから。
ニッパーで切るといった手間がないのでかなりスムーズに組み立てることが出来ますね。
プラスチックのカスや捨てるのに手間なランナーゴミが出ない所がありがたい。

PC169941
ゾイドワイルドZEROシリーズは前作に登場したゾイドの一部流用モデルが多いんですが、こちらはなんと完全新規造形
骨格ながらも体格はガッシリとしており、見るからに力強さを感じさせるデザインになっていると思います。

PC169936
横から。
Zキャップは黄緑色。成型色は胴体のブラックと足や角のシルバーの合わせて2色。

PC169934
頭部。
角の内側はがっつりと肉抜きになってますね。

PC169940
口の開閉。
こちらは電源を入れた時にパクパクと連動して可動します。

PC169933
超硬角(ちょうこうかく)
鉄よりも硬いと言われている硬質の角。

PC169935
ヘビィスパイク
9連キャノン砲の反動にも耐えられる大きな蹄。

PC169938
後ろ足。
蹄パーツは前後ろ共通のデザイン。

PC169939
3連ミサイルポッド。
3連の自動追尾ミサイル発射装置。発射口は3ミリ穴になっています。

PC169937
シュレッドテイル
背後の敵を切り裂く刃物状の尾。少し上下に動かすことができます。

PC189950
起動骨。
ゾイドに刺激を与える骨。




では、起動骨をオンにして骨格形態での動作チェック!



シュレッドテイルを少し持ち上げると起動骨にパーツがぶつかり電源がオンになります。
動きは首と口を動かしながらノシノシと牛歩すると言った感じ。


PC169943
「復元パックB」の袋を開けて、外装を取り付けてみましょう。

PC189953
キャノンブル 完全形態復元完了!

PC189954
後ろ姿。

PC189958
大迫力のマシンブラストユニット!
堅牢な装甲パーツによって肉付けされ、フォルムはだいぶバッファローっぽくなりましたね。
濃いグリーンカラーもまた戦車みたいでかっこいい。

PC189955
正面から。

PC189956
頭部。
目の部分はバイザー状。メタリックレッドで彩色済みのパーツとなります。

PC189960
可動として顎が開閉。
骨格状態でも説明しましたが、こちらは電動ギミックでの開閉となります。

PC189974
ちなみに、頭部装甲を取り外すと内部にはシルバーの目があります。

PC189959
脚部の装甲。
スリット部分はちゃんとパーツが抜けた造形に。

PC189961
フラックアーマー
防弾性能の高いアーマー。砲撃の際にフィンから溜まった熱を逃がす。

PC189962
ブレットシールド
敵の銃弾等の攻撃からライダーを守る硬質のシールド。



では、動かしてみましょう。


PC189963
兵 器 開 放 !! (マシンブラスト)

PC189964
マシンブラストユニット正面の蓋を開けることで起動。
キャノン砲の砲身が3連ずつ前後に可動します。

PC189965
9連キャノン砲
カチカチと音を鳴らしながら動くんですが、他のゾイドワイルドと比べると動きの変化的にはちょっと地味かな。

PC189968
9連装徹甲弾!!(ナインバーストキャノン)

PC189969
圧倒的な火力で敵を一網打尽!!!



では兵器開放状態での動作。




キャノンの前後動作が加わるだけなのでそれほど大きな変化はなく。



PC189951
ライダーフィギュア。
大体1/35スケールのクリアカラーフィギュア。
ゾイドと人間との大きさをわかりやすく表すための比較対象にもなりますね。

PC189966
ライダーフィギュアはマシンブラストユニットの後部に取り付け。

PC189967
このようにブレットシールドに守られた状態に。

PC189952
グラフィティーラベル
付属シールは好みで貼り付けましょう。

PC189970
そうだこれが・・・・!

PC189971
ビーストサーガ!

PC189972

PC189973
武装神姫と一緒に。

PC189977
デスクトップアーミーと一緒に。

PC189975
キューポッシュと一緒に

PC189976
以上「ゾイドワイルド キャノンブル バッファロー種」レビューでした。



関連
ゾイドワイルド ソニックバード アーケオプテリクス種
改造 ゾイドワイルド キャノンブル・アピス
ゾイドワイルド ドライパンサー パンサー種
ゾイドワイルド ガトリングフォックス キツネ種
ゾイドワイルド ガノンタス
ゾイドワイルド ガブリゲーター
ゾイドワイルド グソック
ゾイドワイルド バズートル ワニガメ種
ゾイドワイルド キャノンブル バッファロー種