P1091331
バンダイ ダイノゾーン DZ-5 ダイノプテラ の紹介です。
発売日1998年 価格980円

蘇れ!骨のあるヤツ!
P1091333
パッケージ裏。

P1091337
ダイノプテラ

P1091338
後ろ姿。

P1091339
ダイノゾーンは1998年にバンダイからリリースされたオリジナルの変形玩具シリーズ。
当時流行っていた「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」の影響を受けてか、こちらもモチーフとなる恐竜が人型のロボットへと変形します。

P1091340
ダイノプテラはダイノソルジャーと呼ばれる味方側のキャラクター。
見ての通り「プテラノドン」がモチーフとなっております。

P1091341
頭部。
ダイノプテラはライトグリーンがベースカラーで色鮮やかなメタリック成型色が使用されております。

P1091342
上部パーツはグリーンメッキ処理が施されておりまるでCGのような独特の美しさ。

P1091343
翼はクリアオレンジ成形。

P1091344
翼部分。
波打った造形に。

P1091345
脚部。

P1091346
ダイノゾーンシリーズはメッキパーツ、メタリックパーツさらにクリアパーツが相まって非常に美しい外観。

P1091347
ただメタリック成形のパーツがちょっと怖いといいますか・・・劣化でジョイント部が割れそうで心配です。

P1091348

P1091349

飛行モードから着地。

P1091350
可動部は基本的にボールジョイントを採用。
ボールジョイントの摩耗が激しく関節が緩くなりやすいところがダイノゾーンシリーズの難点ですね。
ちなみに遊ぶ前にパーマメントマットバニッシュで関節の渋みを調整しております。

P1091351
プログレスモード!

P1091353
後ろ姿。

P1091352
ダイノモードからプログレスモードへダイナミックに変形!!
変形は頭の位置を変えて頭部を展開するだけなのでかなり簡単。

P1091355
バストアップ。

P1091356
目元はツインアイタイプ。
後に発売したリデコのシャドープテラは目元がゴーグルアイタイプに変更されています。

P1091357
ダイノゾーンシリーズの中では少々ボリューム不足ですがシンプルなかっこよさがありますね。
それとクリアパーツを使った隙間の演出が面白い。

P1091358
胸部。
よく見ると左右でディテールが異なります。

P1091359
腕部。

P1091360
脚部。

P1091362
頭部は少しですが左右に動かせます。
肘関節は1軸で手首の可動はありません。

P1091363
胴体と左右の翼は一体成型。

P1091365
股、膝、足首はボールジョイント接続。

P1091367
アクション!!

P1091377

P1091366

P1091379

P1091369
付属品「ウイングブーメラン」

P1091368
お尻付近のパーツを取り外すことでブーメランになります。

P1091372
アクション!!

P1091374

P1091373

P1091380

手のひらに軸があるので、ブーメランの隙間に差し込む感じで保持しております。

P1091382

P1091375


P1091376


P1091383

大きさはこんな感じ。
小型ですが頭が長いので14センチ位あります。

P1091394
ダイノプテラとシャドープテラ

P1091396
後ろ姿。

P1091395
フェイスパーツのみ造形が異なります。

P1091398
ダイノモード時

P1091387
オリジナル可変モード。
頭部をダイノモード時の状態に戻してみました。

P1091388
シンプルな作りなので俺変型的な遊びはあまりできませんね・・・。

P1091390
首長四足プテラ。

P1091393
合身!!
魂ガールAOIはバンダイの玩具とプログレスドッキングすることができるのだ!!

P1091334

P1091385


P1091386

パッケージ写真。

P1091391
説明書。

P1091384
以上「ダイノゾーン DZ-5 ダイノプテラ 」レビューでした。



関連
ダイノゾーン DE-6 シャドープテラ
ダイノゾーン DZ-5 ダイノプテラ