P2012622
モデロック スカイガールズ ソニックダイバーシリーズ 風神 の紹介です。
発売日 2008年11月下旬 価格880円
P2012624
パッケージ裏。

P2012623
こちらはアトリエ彩とコトブキヤが協力し製作販売を行った「MODELOCK(モデロック)」シリーズ。
「BJPM」シリーズの5mm径ボールジョイントが各部に採用されており、組みやすさとアクション性、さらにコレクション性を備えた簡易プラキットとなっております。

P2012626
ソニックダイバー風神はモデロックシリーズの第二弾ラインナップ。
第一弾でソニックダイバー零神が発売されましたが、ソニックダイバー雷神は商品化される事なく早々にシリーズが終了してしまいましたね。

P2012627
ランナーは2枚組で全44パーツほど。
1枚はソニックダイバー共通ランナーで、もう1枚が風神用のパーツといった構成です。

P2012628
説明書。
パーツ番号は説明書左端の一覧にしか記載されていないので少々組み立てづらいかも。

P2012629
B2K1/G2K1飛行外骨格 風神 ASモード

P2012630
後ろ姿。

P2012631
ソニックダイバーは対ワーム用の兵器として開発された人型飛行戦闘兵器。
日本で生産された試作機で、風神は索敵、空域・地形分析能力に優れた後方支援型の機体となります。
パイロットは「園宮可憐」

P2012632
各部に採用された5mm径ボールジョイントはアトリエ彩が発売していたBJPM、ジェネブロックから継承。
ジョイントをつなぎ合わせることで組み上がるため、さわり心地はプラモデルと言うよりもブロックトイに近い感覚です。

P2012635
モデロックシリーズは基本的にどれも単色でシール等の付属はありません。
塗装必須なんですが、素材がABS樹脂なのでメタルプライマーを吹きかけないとパーツが割れる可能性があるので要注意。

P2012633
下半身はパーツ内部にボールジョイントを噛み合せた構成。
このように隙間が出来てしまうので、気になる場合は接着したほうがいいかと思います。

P2012636
ミサイルポッド。  

P2012637
左肩には2種のミサイルが搭載されておりますが、ハッチの開閉などといったギミックはありません。

P2022661
パーツを動かして縦連結が可能。

P2012638
レドーム。

P2012640
後部。

P2012642
ハンド部。
ソニックダイバーシリーズはモデロックの中でも各部のディテールがしっかりと再現されている方だと思います。

P2012643
ウイング。

P2012641
下半身の後ろ側。
スラスター部など細かいところを部分塗装するだけでも見栄えそう。

P2012644
アクション!!

P2012646
各部ボールジョイントということで可動範囲は広め。
保持力や強度面の問題もありません。

P2012647
ただ単色なので、動かして遊ぶとなるとあまりにも色味が寂しい。
かと言って塗装をするとボールジョイント部からボロボロと剥げてしまいそうで・・・。

P2012648
あくまでプラモデルではなくキャラクターモデルのブロックトイって感じですね。
他のモデロックシリーズやアトリエ彩の玩具と組み替えて遊んだ方が正直楽しいんじゃないかと。

P2012649

P2012650


P2012651

他社メーカーですが「FREEing」からソニックダイバーとパイロットの完成品アクションフィギュアが発売されております。
あと、コナミからスカイガールズのMMSがリリースされてましたね。

P2022662
ソニックダイバー風神 Gモード

P2022664
後ろから。

P2022663
腕部パーツを差し替えることで変形可能。
やっぱり肝心なパイロットがいないのでソニックダイバーだけで遊ぶのはちょっと寂しい。

P2012655
余ったランナーは一部パーツを切り出すことでディスプレイスタンドを作ることが出来ます。

P2012657
飾るこんな感じ。
ソニックダイバーは自立できないので・・・まぁ無いよりはマシ。

P2012652
大きさは約13センチ位。

P2022659
ソニックダイバーのサイズが小さいのでパイロットの代わりになるようなフィギュアもあまりなさそう。
欲を言えばもっと大きいサイズでほしかった。

P2012653
ダイアクロン隊員を乗せてみたり。

P2012654

P2022658

以上「モデロック ソニックダイバー風神」レビューでした。



関連
モデロック ソニックダイバー風神