P6159993
バンダイ ロボウィール ポジトロントランズブラスター の紹介です。
( BANDAI Robo Wheels Hot Wheels POSITRON TRRNZ BLASTER)
発売日 2002年 価格1,500円
P6159994
「ロボウィール(Robo Wheels)」はバンダイ(プレックス)と米国マテル社のコラボレーションによって生まれた玩具シリーズ。
マテルのミニカーブランド「ホットウィール」にバンダイが培った合体や変形のノウハウを活かして企画、開発された商品となります。
2001年にアメリカで販売がスタート、日本では2002年頃に商品展開されていたようです。

P6150002
航空母艦 トランズブラスター

P6150003
後ろ姿。

P6160004
トランズブラスターはベーシックカーサイズのロボウィールを収納することができるジェットカーゴタイプのロボウィール。
ステルス機のようなデザインですが、内部収納ギミックがあるためボディに厚みがあります。

P6160007
ボディはプラスチック成形がメイン。
ホットウィールはやっぱり「ダイキャスト製のミニカー」が主流なのでこういった戦闘機タイプのオリジナルメカはかなり珍しいですね。

P6160005
機首。
ブルーの成型色で各部に塗装とタンポ印刷が施されている感じです。

P6160011
遠目で見るとドカっとした塊に見えますが、コクピット周りなどよく見ると細かなモールドがあります。

P6160006
先端は安全対策のため軟質パーツが採用。
未開封の新品を購入したんですが、劣化して少し紫色に変色してました。

P6160010
横から。

P6160016
側面のタービン。

P6160012
上部。

P6160013
主翼。
ちなみに手裏剣のような模様がデザインされてますが、これは正義の組織「ポジトロン」のパーソナルマークです。

P6160014
バックウイング
こちらはPVC成形。

P6160015
エンジン部。
色がついてないので少々チープですね。

P6160018
上から。

P6160017
下部には大きなローラーが1つ、小さなローラーが2つ付いています。
大きめの玩具ですがちゃんとコロ走行ギミックが採用されている所が良いですね。

P6160019
ベーシックタイプのロボウィールと並べるとこのサイズ差。
縦の長さは大体20センチくらいあります。

P6160025
付属品「スラスター」

P6160026
バックウイングの前側に取り付ける大型スラスター。

P6160027
付属品「ミサイル×2」

P6160033
スラスター中央に装填可能。

P6160032
中央のボタンを押すことでミサイルが発射されます。

P6160034
ミサイルは主翼下に取付可能。

P6160028
まさに定番のギミックですね。
玩具らしくていいと思います。

P6160022
こう見えてれっきとしたロボウィールシリーズなので、トランズブラスターもロボに変形します。

P6160035
まず、左右の翼を上方向に折り曲げます。

P6160036
直立になるように立たせます。

P6160037
機首をパカッと開きます。

P6160038
トランズブラスター メガロボットに変形完了!!

P6160039
手順が非常に簡単でほぼただ立たせただけの状態ですが、一応挿げ替えなしの完全変形・・・ですね(?)。

P6160042
頭部はフライトヘルメットを思わせるデザインになっていると思います。

P6160044
腕は肩部が回転。
クリック付きなのでカチカチと動かすことが出来ます。

P6160048
頭部は首の付け根から左右にロール。

P6160043
寸胴なボディと脚部。
脚のようなディテールがあるだけで見ての通り可動部はありません。

P6160047
後ろ姿。

P6160050
スラスターはロボの手に持たせることで武器として使用可能。

P6160052
余剰パーツなし!!
単純な構成ではありますが、余りパーツが一切出ない様な設計になっている所がいいですね。

P6160053
メガロボット時の大きさ比較。
ロボウィールと並べると、ガッシリとした寸胴ボディがより一段頼もしく見えると思います。

P6160096
武装神姫と並べるとこんな感じ。

P6160054
ロボ状態で腹ばいに。

P6160056
コクピット部分ごと頭を上げると、中央からスロープが展開します。

P6160059
トランズブラスター収納形態!

P6160061
内部にロボウィールを1台入れることが出来ます。

P6160060
ロボの顔が丸見えな所がちょっと気になりますが、これまたギミックとしては秀逸。
輸送遊びや基地遊びは子供心に響くと思いいます。

P6160063
発進!!

P6160077
ロボウィールとホットウィールは車体幅が同じなので、今現在発売されているホットウィールも収納可能です。

P6160079
ビックリドッキリメカ発進!

P6160081
ゾンボットと一緒に。

P6160066
・・・

P6160072
パカッ!

P6160071
ズンズンズンズン・・・・

P6160075
AIOだよ!!

P6160074
魂ガールAOIは、バンダイの玩具と魂を共鳴させる事により・・・魂合身することが出来るのだ!!

P6160076
トランズブラスターは中身が空洞なので、スロープパーツを取り外せばフィギュア等を内部に入れることが出来ます。

P6160065
奥行きが広いので1/12スケールやねんどろいど程度の大きさならすっぽり入りますね。

P6160095

P6160082
実用例。

P6160083
ドライブヘッド01MKII サイクロントランズブラスター

P6160084
メーカーが違いますがタカトミ系のロボ玩具と相性が良さそう。

P6160085
ドライブヘッドっぽい。

P6160089
ガンダムAGE-2トランズブラスター

P6160090
ただコアパーツを乗せてるだけですが・・・

P6160092
105ダガー トランズブラスター

P6160093
ビックリドッキリMAみたいな。

P6159996
パッケージのラインナップ。
ポジトロン側の第一弾シリーズ。

P6159999
ネガボット側の第一弾シリーズ。
お気付きの通り・・・敵はみんなカラバリで構成されています。

P6159995
ネガボットのトランズブラスター
造形は同じですが、こっちもステルス機っぽくてかっこいいですね。

 P6159997
こちらは「バトルアリーナ」というプレイセット的なフィールド玩具。
この手の玩具は幅を取るので・・・ちょっと購入は控えたい。

P6160097
説明書。

P6160098
はがき。

P6160068
以上「バンダイ ロボウィール トランズブラスター」レビューでした。



関連
ホットウィール スポーンモービル
ホットウィール ゾンボット(ブルー)
ホットウィール ゾンボット(Mattel Games)
バンダイ ブラストゴジラ1 ヘリコプターセット
バンダイ ヘッドチェンジアクションフィギュア ペプシマン
ダイノゾーン DZ-5 ダイノプテラ
ダイノゾーン DE-6 シャドープテラ
バンダイ ロボウィール N1 ミサイルランチャー
バンダイ ロボウィール P2 ガトリングガンナー
バンダイ ロボウィール トランズブラスター