P5102580
バンダイより HG 1/100 ウイングガンダム の紹介です。
発売日 1995年4月1日 価格1500円
P5162839
XXXG-01W ウイングガンダム

P5162841
後ろ姿。

P5162840
こちらは「新機動戦記ガンダムW」放送当時にリリースされていた「HG 1/100」シリーズ。
過去に何度か再販されておりますが、W系のキットの中でも品薄で長い間売り切れの状態が続いております。

P5162837
近年細身なアレンジになりがちのウイングガンダムですが、当時の1/100HGは力強い骨太なプロポーション。
古いキットながらも大まかに色分けが再現されているので、少し手を加えるだけで十分かっこいい見栄えになるかと思います。

P5162846
バストアップ。
写真は付属のシールを貼り、スミ入れと部分塗装を施した状態。
組み立てがかなり簡単なので、ちょっとした息抜きに作るくらいがちょうどいいキットですね。

P5162849
頭部センサーとツインアイはクリアグリーンパーツによる一体成型。
ツインアイには付属のホイルシールを使用したんですが、シールを貼らずにクリアパーツを生かした外見にする事も可能です。

P5162850
ウイングガンダムの注目点はヘルメットのひさし部形状
ツインアイの上部分に段差があり、特徴的なデザインが再現されています。

P5162852
頭部アンテナはゴールドメッキパーツを採用。
額のレッド、バルカン部、ダクト内部等は塗装が必要です。

P5162853
ボディ。
1/144シリーズとは違い全体的にハイディテールなアレンジが加えられております。

P5162854
中央のサーチアイは立体感がある「ジェルシール」を採用。
胸部インテークも豪華なゴールドメッキパーツになっていますね。

P5162855
腕部。
肩アーマーの一部と腕部クローがゴールドメッキ。

P5162856
肩アーマー内部のスラスター等は塗装が必要です。

P5162857
バックパック基部。
すべてグレーの成形色。

P5172862
背部ウイングパーツ。
一部ゴールドメッキパーツが採用されています。

P5172863
腰回り。

P5172864
脚部。
足のソール部分と関節以外はホワイト一色なので、ダクト内部の塗装やスミ入れを施すと情報量が増しますね。

P5172865
後ろから。
スラスターノズルは軸接続で上下に可動。

P5172866
足裏。

P5172868
可動は頭部がボールジョイント、腰は軸によるロール可動になります。

P5172869
肘は二重関節ですがポリキャップ丸出しの構造。
ポリキャップの接続部でロール可能です。

P5172871
ハンド部は可動指タイプ。
中指、薬指、 小指が一体造形、人差し指が独立して可動します。

P5172872
クロー部分は前方向に可動。

P5172874
膝はだいたい90度曲がります。
足首はボールジョイント接続で、つま先部分は変形ギミックの都合もあり下方向に伸ばすことができます。

P5172867
上側の大きい翼、下側の赤い翼はそれぞれ上下に可動。

P5172861
翼の付け根は軸とポリキャップによる接続。
ポリキャップ接続部からウイングを横に動かすことが出来ます。

P5172875
アクション!
1500円という価格帯ながらもメッキパーツやクリアパーツの採用、さらにジュエルシールも付いているので豪華な内容だと思います。

P5172886

P5172885

P5172876

P5172877

P5172879


P5172878

P5172884

P5172887
付属品「ウイングシールド」

P5172889
シールドの外枠部分のみ塗装が必要です。
先端のセンサー部分はシールによる色分けとなります。

P5172890
シールドは左腕の軸に取り付けて保持。
裏は空洞になっているのでディテールの再現や可動ギミックはありません。

P5172891
付属品「バスターライフル」

P5172892
下部のパーツがゴールドメッキになっています。

P5172899

P5172893

P5172895

P5172896


P5172894


P5172898

「ターゲットロック・・・・排除、開始。」


P5172900
付属品「ビームサーベル」

P5172903
1パーツ構成で柄の部分まですべて軟質のクリアグリーンになっています。

P5172904
ビームサーベルは1本のみの付属となります。

P5172902

P5172906


P5172905



P5172907
HG 1/100 ウイングガンダムの注目点は腕部の変形ギミック。

P5172908
ポリキャップ可動で後部の装甲が開きます。

P5172909
ハンド部分を後ろ方向に回転させて内部収納。

P5172910
装甲を閉めて、クロー部分を前方に可動させます。
ポリキャップの回転を利用したギミックがまたおもちゃ的で面白いですね。

P5172911
ウイングガンダム(バード形態)

P5172913
後ろ姿。

P5172916
腕、肩アーマー、脚部の変形、下半身と頭をクルッと回すなどの一連の変形プロセスが再現されています。
先ほど紹介しましたが、やっぱり腕部の差し替えなし変形が実に見事です。

P5172915
下から。
最後に機首になるシールドを取り付ける必要がありますが本体は完全変形。

P5172917

P5172914


P5172918

付属品「オリジナルビームエフェクト」

P5172919
クリアグリーンのビームウイング
翼に設けられた溝に取り付けます。

P5172920
こちら赤いウイングパーツの側面に立てるように取り付けるため、バード形態の見た目が立体的になります。

P5172921
1/100キットはBB戦士のようなオリジナル要素が魅力的ですね。

P5172922

P5172923


P5172924
変形させて遊ぼう!

P5172926
定番のガウォーク形態。
ちなみにコミックボンボンで連載されていた漫画「プラモウォーズ」で似たような姿のカスタム機が登場してます。


P5172928
ウイングガンダム(ビームウイング展開)

P5172929
MS形態でビームエフェクトを取り付けるとこのようなビジュアルに。
背中が重さゆえに後ろに倒れてしまう為、スタンド等で支えないと厳しいですね。

P5172930

P5172932


P5172931

とにかくお得感が凄い!
ちなみに「1/100ウイングゼロガンダム」にもオリジナルのビームエフェクトが付属しています。

P5172935

P5172936


P5172934


P5102583

説明書。

P5102582

P5102584

機体解説のテキストが多めです。

P5102585
ホイルシールとジェルシール。

P5112587
シールなしの状態。

P5112590
後ろ姿。

P5112589

P5112588


P5172901
以上「HG 1/100 ウイングガンダム」レビューでした。



関連
HGAC ウイングガンダム
HG ウイングガンダムゼロカスタム メタルクリヤー特別版
HG ウイングガンダム ゼロカスタム MOVIE CLEAR SPECIAL
1/144 ウイングガンダム(ゴールド仕様) VS トールギス (シルバー仕様)
HG 1/100 ガンダムデスサイズ
HG 1/100 ウイングガンダム ゼロカスタム スペシャル オペレーションタイプ
HG 1/100 ウイングガンダム