P7101901
BIG SCALE MOBILE SUIT IN ACTION!! マスターガンダム の紹介です。
発売日 2004年3月1日 価格 3000円
P7101903
パッケージ裏。

P7101904
パッケージ底

P7101809
GF13-001NHII マスターガンダム

P7101810
後ろ姿。

P7101819
こちらはMIA派生シリーズとして発売された「BIG SCALE MOBILE SUIT IN ACTION!!(ビッグ・スケール・モビルスーツ・イン・アクション!!)
全高約190mmの大型ABS製アクションフィギュアで、従来のMIAシリーズとは少し異なるテイストで仕上がっております。

P7101820
ビックスケールMIAのラインナップは マスターガンダム と ゴッドガンダム の全2種類み。
実は国内で販売されていた1/100スケール玩具「モビルファイターシリーズ」の延長に当たるのがこの玩具。
海外で発売されていた7.5インチサイズフィギュアをそのまま流用し、日本向けに塗装等を仕様変更したのがこちらのマスターガンダムです。

流れ的には、モビルファイターシリーズ(日本)→ 7.5インチサイズフィギュア(金型改修)→ ビックスケールMIA(日本)になるかと思います。

P7101812
バストアップ。
主にABS樹脂で構成されておりますが、可動部に干渉する部分は一部PVCが使用されています。

P7101815
メインカメラ部分がやや細めで、造形は全体的に厚ぼったい感じ。
部分的にライトグレーでスミ入れが施されており、メインカメラ下には赤い塗装が入っています。

P7101816
頭部アンテナは別造形ですが完全に接着されております。
造形やデザインのバランスよりも首パーツの長さの方が気になりますね。

P7101817
胸の黄色いダクトやコクピット部分はパーツによる色分け。
ビックスケールMIAは全身つや消し塗装が施されており、マットで落ち着いた色合いの仕上げになっています。
(ちなみに海外版は全身艶あり。)

P7101818
胴回り。
紺と黒の配色なのでカラーリングは設定画がイメージされていると思われます。

P7101821
サイド、フロント、リアアーマーはそれぞれ可動しパーツを跳ね上げることが出来ます。

P7101822
腕部。
肘下の赤い部分は彩色による再現。

P7101823
ハンドパーツ。
こちらはPVC成型です。

P7101830
背部「ウイングシールド」

P7101829
横から見ると分かりやすいんですが、マスターガンダム本体よりもボリューミーで横幅がかなりあります。
ウイングシールドの下部が接地するので、サイズゆえの安定感はありますね。

P7101825
脚部。

P7101826
足の突起は別造形。
上下にスリッドがありブレード部分のみ可動します。

P7101827
後ろから。

P7101828
足裏のディテール。
所々のパーツが ねじ止め されているんですが、目立たないように合わせて塗装されているところが非常にいですね。

P7101832
頭部可動。
頭の付け根がボールジョイント接続。

P7101833
腰は軸接続で左右にロール。
干渉せずに一回転します。

P7101834
腕部可動。
簡単な軸接続なので脇を開くことが出来ず、腕を水平に上げることは出来ません。

P7101835
肩部の可動。

P7101836
少しですが前後に動かせます。

P7101837
肘はせいぜい45度くらいしか曲げることが出来ず、非常に可動範囲が狭く窮屈な作りに。

P7101840
脚部可動。
足の付け根はジョイントで少し横にも開くことが出来ます。
太もも上に分割があり軸でロール可能。

P7101838
膝可動。
クリック関節になっており、膝は約90度くらいまで曲がります。

P7101839
足首はボールジョイントで上下に可動。

P7101842
アクション!!

P7101845
MIAと同じ括りになっていますが、実際に遊んでみると全く別の玩具といった印象。
クリック関節の採用などもあり、どちらかというとバンダイのDX玩具寄りですね。

P7101852
ビックMIAのマスターガンダムは芯が太くだいぶズッシリとした体型。
本家MIAシリーズよりも可動範囲が狭くアクション要素が大分失われているところが正直残念です。

P7101853

P7101846


P7101851


P7101849

P7101857


P7101842

P7101855


P7101856

P7101858

付属品「開き手」

P7101860
差し替え用のハンドパーツは「平手」「指の開き手」の2種類のみ。

P7101872
必殺技であるダークネスフィンガーの再現パーツは残念ながら付属しておりません。

P7101864
海外で発売された7.5インチサイズフィギュア(BIGMIA)にはクリアパープル成形のハンドパーツが付属しています。

P7101861


P7101863


P7101866


P7101871

ダークネスフィンガー!!

P7101873
腕部のギミック。

P7101875
ニアクラッシャー!!
マスターガンダムの腕部伸縮ギミックはスライド可動による再現になっています。
MIAマスターガンダムは差し替えだったので、こういったギミックの採用は大型玩具ならではなので魅力ですね。

P7101876
付属品「コードパーツ」

P7101879
肘を取り外しコードパーツを差し込むことで遠距離攻撃「ディスタントクラッシャー」を再現可能。

P7101884
コードの長さは大体11センチくらいでもちろん左右の腕分付属。
ただの棒ではなく側面にはしっかりディテールがありますね。

P7101883

P7101881

P7101885
ウイングシールドの開閉。
実はこの玩具最大のウリとなっているギミック。

P7101886
ウイング内側。

P7101887
まずはパーツを外側に開き、ボディを覆うための空洞を作ります。

P7101888
内部パーツの展開。

P7101889
収納されたパーツの一部をヒンジ可動で外に移動。

P7101892
後部パーツ。

P7101893
一部パーツを動かして位置を調整。

P7101890
展開したウイングシールドはマスターガンダムの腰中心部に接続し固定します。

P7101894
ディフェンスモード!!

P7101895
マントを覆たような姿になるんですが、ウイングシールドの変形ギミックはパーツの差し替え一切なし
旧1/100スケールキットを踏襲しておりますが、完成品トイでは初めてとなる完全変形での再現になっていると思われます。

P7101897
マントの表面部分には汚し塗装が施されておりより渋い質感に。
長いと感じたマスターガンダムの首の長さは、ディフェンスモード時を想定して設定されていたようですね。

P7101896
後ろ姿。

P7101898
ディフェンスモード状態では首しか動かせませんが、中央のロックを外せば少し腕等を動かせます。

P7101899

P1225783
ビックスケールMIAと標準サイズのMIAの比較。
見た目の質感の違いが良くわかるかと思います。

P1225784
後ろから。
改めて見比べるとウイングシールドのバランスがだいぶ違いますね。

P1225785
プレッシャーで大きく見える演出。
サイズ差を活かした飾り方や見せ方が出来るところがいいんじゃないでしょうか。

P1225786
フィギュアーツ東方不敗と一緒に。

P1225787

P1225788


P1225789


P1225790


P7101900

以上「ビックスケールMIA マスターガンダム」レビューでした。



関連
MIA マスターガンダム(US版)
MIA 風雲再起
MIA デビルガンダム 第1形態
MIA ガンダムヘブンズソード
MIA グランドガンダム
MIA ウォルターガンダム
MIA グランドマスターガンダム
MIA デビルガンダム 最終形態
MIA ネロスガンダム(ダークバージョン)
MIA ジョンブルガンダム(ダークバージョン)
MIA ノーベルガンダム(ダークバージョン)
MIA デスアーミー(US版)
MIA デスビースト(US版)
ビックスケールMIA ゴッドガンダム
ビックスケールMIA マスターガンダム